完売必至!“ギャートルズ肉”が2/9(肉の日)に再発売

このフォルムがたまらない!
  • このフォルムがたまらない!

“一度は食べてみたいもの”を聞くと、必ずと言っていいほど上げられる、アニメのギャートルズの肉。主人公のゴンが、弾力あふれる骨付きのマンモス肉をほおばる姿に、憧れた人も少なくないはずだ。

2/9の“肉(ニク)の日”に、そんな夢をかなえてくれる「ギャートルズ肉」(1980円)が発売される。実はこの商品、昨年11月に発売されたのだが、用意した1300本が実に2週間で完売。圧倒的な人気で品切れになってしまった経緯を持つ。

「アニメのギャートルズと正規のライセンスを結んで一本一本手作りしています。“原始的”かつ“旨い”肉にするのに本当に苦労しました」と企画したエスケー食品の菅野さんは言う。

課題は2つ。肉がパサパサで硬くなり、アニメのようにかじれないことと、太すぎて電子レンジでチンすると中まで温まらないこと。「よりおいしく、かつ原始的に見えるように改良しました」(菅野さん)。こうして、あの柔らかくて迫力のあるギャートルズ肉が現実世界に誕生した。「お客様からは『子供も大人も大喜び』『夢がある』『パーティでうけた』など大反響をいただきました。1個1個手巻きして作るため、大量には作れないんですが、今回は“ニクの日”に合わせて2929本は作る予定です」と菅野さんは力を込める。

ちなみにこの肉、残念ながら(?)マンモス肉ではなく牛肉だそう。予約は2/9(月)からWEB上でスタートする。見た目はそっくり、味は絶品のギャートルズ肉。アニメの世界にあこがれたあなたへ、子供のころの夢叶えてみませんか?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報