ランドマークプラザ1Fに不思議なちびっこ現る!

こちらが作品です。プールには水がちゃんと入っています
  • こちらが作品です。プールには水がちゃんと入っています

9/13(土)〜11/30(日)、横浜市内各所で開催されるアートイベント、「横浜トリエンナーレ2008」の先行展示が、8/1(金)〜ランドマークプラザで始まり、そのテープカットイベントが行われた。

「横浜トリエンナーレ2008」とは、世界各地から70人の作家が参加する現代アートの国際展で、2001年、2005年に続き、3回目の開催となる。このイベントのために建築された「新港ピア」や「ランドマークプラザ」、「大さん橋国際客船ターミナル」など、市内の数か所で、アート作品の展示が行われる。

プレ展示となった今回の作品のタイトルは「Catch Me Shuld I Fall(落っこちたら受け止めて)」。デンマークとノルウェーの作家エルムグリーン&ドラッグセットが制作、高さ10mの飛び込み台の上にいるのは、深遠を不安そうにのぞき込む少年だ。

この作品、この空間の広がりや、色彩にも気を配って作られたという。また、展示に際してはスタッフが3日間ほとんど寝ずに組み立てたそう。

来場はなかったが、制作者からは「ここにあるのは引き返すことのできない瞬間。その時、時間に亀裂が生じている。その凝縮された時間を味わって欲しい」とのメッセージが届けられた。

テープカットイベントには、その少年のモデルになった千葉時央くん(9才)も来場! 主催者と知り合いだったことから声がかかり、思いがけずモデルになったそうで、取材者の写真撮影に応じながら、「プールに行かなくてよかった!」「ボク人気者だ!」とのコメントがほほえましかった。

さてこの作品を見て、「で、いったい?」と言いたくなり、「やっぱりアートってわかんない!」という感想持ったあなた! ちょっと待ってください。わたしもそんな感想を持ちました。そこで、主催者にその楽しみ方を聞いてみた。

「何だろう、不思議だな、きれいだな、など単純に感じていただいていいんです。それから、普段、何気なく通り過ぎているこの空間をプール台の高さが再認識させてくれますよね。また、本来あるはずのないところに物があるところから生じる違和感が、見る人にさまざまな感情を生み出したりすると思うんです」と主催者。

アート=難解と思っていた人も、とりあえずここに行って、少年の顔を見上げて、何かを感じることからはじめてみてもいいかも。【横浜ウォーカー/堀由紀子】

キーワード

[PR] おすすめ情報