「子どもびじゅつかん 日本画探険〜古い絵と新しい絵〜」展が開催

伝狩野探幽 風神雷神図屏風(部分) 板橋区立美術館所蔵
  • 伝狩野探幽 風神雷神図屏風(部分) 板橋区立美術館所蔵

板橋区立美術館で「子どもびじゅつかん 日本画探険 〜古い絵と新しい絵〜」展が3/5(木)〜3/29(日)に開催される。

注目は、板橋区立美術館が所蔵している古美術作品と、現代作家による新しい作品を合わせて紹介すること。江戸時代の屏風や掛軸の中に、現代美術の作品を紛れ込ませた展示は、古い絵と新しい絵を見比べることで新たな日本画の魅力を教えてくれる。

また、会場では、日本画の絵具の材料となる岩石や植物などのサンプル展示や、絵具の作り方などについてわかりやすく紹介するコーナーを設置。絵具づくりが無料で体験できるワークショップも開催される。

古い絵と新しい絵による日本画の競演がわかりやすく楽しめる美術展だ。【東京ウォーカー】

■観覧料:無料
■展示内容(予定):全21点(古美術8点、日本画6点、現代美術7点)、日本画の画材・資料等
■おもな出品作家と作品
○当館所蔵作品:河鍋暁斎「龍虎図屏風」、伝狩野探幽「風神雷神図屏風」、平山郁夫「結因の銀華」など
○現代作家作品:しりあがり寿「パレード」、フジイフランソワ「コブコブラ」、山本太郎「風神ライディーン図屏風」など

キーワード

[PR] おすすめ情報