大野智がサプライズに大感激!「忘れられない誕生日になった!」

豪華キャスト陣が駆け付け、映画に込めた熱い思いを語った
  • 豪華キャスト陣が駆け付け、映画に込めた熱い思いを語った

個性的なキャラクターやCGを駆使して描く、壮大なスケールの世界観、そして劇中に盛り込まれた深いメッセージ性が話題を呼び、大ヒットを記録した人気ドラマ「怪物くん」。その劇場版がいよいよ公開されることになり、11月26日にTOHOシネマズ六本木で初日舞台挨拶が開催。大野智、松岡昌宏、川島海荷、上島竜兵、チェ・ホンマン、濱田龍臣、上川隆也、北村一輝、稲森いずみ、鹿賀丈史らキャスト陣と中村義洋監督、そして原作者・藤子不二雄A先生が登壇した。

テレビドラマ版に続き、主人公・怪物くんを好演した大野は「皆で協力して作った映画が、こうして多くの方に見ていただけてすごく嬉しいです。でも、自分が3Dになるなんて、不思議な感覚ですね。まるで自分じゃないみたいです。別の席から見ることで、また違った感動が味わえるはずなので、一度と言わず、二度、三度と見てくださいね」と挨拶した。また、怪物くんのライバル・デモキンを演じた松岡は、「アクションシーンはハードだったけど、それ以外はずっと稲森さんとイチャイチャできたので、楽しい現場でした。あと、山口達也がドラゴンの声を担当してるんですけど、これがなかなか良いんですよ。彼の俳優人生のなかで、一番の名演技だったんじゃないかな」と話し、客席を沸かせた。

ちなみに11月26日は大野の誕生日でもあり、ステージ上の共演陣をはじめ、客席からは多数のお祝いの言葉が寄せられた。これを受けて大野は「主演映画の公開日と自分の誕生日を、こんなにたくさんのファンの方に祝ってもらえて幸せです。一生忘れられない誕生日になりました。本当にありがとう!」と客席に向かいお礼を述べた。イベント後半には、藤子不二雄A先生が「キャストの皆さん、そしてスタッフの皆さん、『怪物くん』をこんなに素敵な映画に仕上げてくれてありがとうございます。こうして大勢の皆さんに楽しんでもらえて、私も感無量です。日本映画の壁を打ち破るパワフルな映画となった『怪物くん』を、どうぞ応援してください!」と語り、会場は盛大な拍手に包まれた。

インドでの壮大なロケや、3Dを駆使した大迫力のバトルシーンなど、至る所に見どころが詰まった劇場版『怪物くん』。大野をはじめ、キャスト陣の熱い思いがこもった本作をどうぞお見逃しなく!【六壁露伴/Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報