HKT48、ついに劇場デビュー!

様々な衣装も公演の魅力だ
  • 様々な衣装も公演の魅力だ

AKB48の妹分で、福岡を拠点に活動するアイドルユニット・HKT48がホークスタウンモール内にあるHKT48劇場で公演初日を迎えた。

公演のはじまりは、AKBファミリーではおなじみのoverture。もちろんHKT48仕様だ。Overtureが終わると、初日公演に選抜されたメンバー16人がオリジナルの制服に身を包んで登場した。セットリストは、同じくAKBファミリーのSKE48「チームS2nd『手をつなぎながら』公演」。元気な曲から、高い表現力と演技力を求められるしっとり系まで、ジャンルの幅広さが特徴だ。松井珠理奈や松井玲奈ら現人気メンバーもかつてはこのセットリストで公演を行っていた。

公演のセンターを務めたのは福岡県出身の15歳、「はるっぴ」こと兒玉遥(こだま はるか)さん。オーディション時から周囲の目を引いていた明るい笑顔と高いパフォーマンス能力でメンバーをリードしていた。一方で、忘れものが多いうっかりものであることをMCでメンバーから暴露される場面も。メンバー一人ひとりの意外な一面を知ることができるところも、公演の魅力だ。

公演はほぼ毎日行われる予定だ。金額も全席1000円とかなりお手ごろ。彼女たちの熱演をぜひ見に行ってみてはいかがだろうか。

チケット:¥1000(事前応募制)
お問い合わせ:HKT48チケットセンター・http://ticketcenter.aks48.com/hkt48/

【HKT48劇場】
定員:300人(椅子席:260人、立見席:38人、車イス席:2人)

公式HP:http://www.hkt48.jp/index.html

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報