【動画付き】富士急ハイランドの新アトラクション「ナガシマスカ」でずぶぬれ体験

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に7/26、ずぶぬれになる新アトラクション「ナガシマスカ」が登場。暑さが苦手な記者が連日の猛暑から逃れるべくさっそく体験した。

「ナガシマスカ」は、日本初の巻上げ型ラフティングライド。まず18mの高さまで上がり、その後は激流に流されながらぬれていくというアトラクションだ。コース途中には、ずぶぬれになって厄を落とし、恋愛を成就させるというありがたい仕掛けもある。

■激流下りのようすは、このページの一番下にある「関連リンク」のYouTube動画でお楽しみください(今回はプレスプレビュー時の乗車だったため、許可を得て動画を撮影。通常は安全上の理由から撮影は禁止されています)■

乗車前に観察していると、乗り終えた人は髪の毛から水をしたたらせるほどずぶぬれ。乗り物の中にも水がかなり入っているようすで“涼み”への期待も高まる。ぬれたくない人のために、足元まで全身を覆うかっぱ(100円)が用意されているが、記者は涼むためにあえてジーパンをひざまでまくり上げるだけで乗車。

乗車するとすぐに18mの上り坂。普通のジェットコースターだと最高にどきどきするシチュエーションだが、涼しい風と広がる視界に気分ものびやかに。コース中に鎮座する巨大お猫さまの指示で上り坂の途中で、恋愛成就のお参り。パンパン「どーかいい恋が見つかりますように」。

いよいよ頂上にたどり着き、待っていた下りに。勾配自体はそれほど急ではないが、乗り物自体が回転することと水が乗り物の横からザバザバ入ってくるので予想外の迫力を感じる。

キャーキャー騒いでいるうちにうずまきの滝へ。ちなみにこのアトラクション、「くるりんポイ」のCMでおなじみのトステムがスポンサー。乗っているうちに自分が排水溝に向かってクルクル流されているような気分に…。

コースも終盤、お猫さま前でさらにびしょぬれになる仕掛けが待っているが、それは実際に乗車してのお楽しみ。かっぱも用意されているが、多少はぬれてしまうので、夏の間は約5分の乗車時間内で存分にぬれることをオススメする。乗っている間に、まくり上げたジーパンの上までびっしょり濡れてひと時の涼を満喫したが、夏の日差しであっという間に乾いたので問題なし。ちなみに使われている水は富士のミネラルウォーター100%だ。

そんなずぶぬれアトラクションであるがゆえに冬場どのように楽しむべきか悩むところだが、冬場のことは「これから検討する」と堀内光一郎社長談。真冬にこれだけ水をかぶったら…と、さらに涼しくなった記者であった。【東京ウォーカー/市村雅代】

■富士急ハイランド「ナガシマスカ」

住所 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
電話 0555-23-2111
乗車制限 身長110cm以上(110cm以上130cm未満の子供は要保護者同伴)
料金 800円(フリーパス利用可)
http://www.fujiq.jp/nagashimasuka/index.html

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報