『僕等がいた』主題歌はMr.Children!前後篇主題歌二曲を書き下ろし

『僕等がいた 前篇』『僕等がいた 後篇』の主題歌を二曲書き下ろすMr.Children
  • 『僕等がいた 前篇』『僕等がいた 後篇』の主題歌を二曲書き下ろすMr.Children

小畑友紀による同名漫画を生田斗真×吉高由里子W主演で映画化した『僕等がいた 前篇』(2012年3月17日公開)、『僕等がいた 後篇』(2012年4月21日公開)。本作の主題歌にMr.Children書き下ろしの楽曲が起用されることがわかった。まばゆいばかりの初恋を描いた“出会い”の前篇、誓った未来を貫く“運命”の後篇、前後篇それぞれを映画の世界観にあった楽曲に仕上げる予定だ。

本作は、北海道から東京を舞台に、主人公・矢野と七美の一途な思いが運命をも変える“最愛”を描いた壮大な純愛ストーリー。今回、恋愛映画としては異例の前後篇で製作、邦画初の二部作連続という公開形式を取る。二部作製作に当たり、前後篇一気通貫のイメージでありながらも、各篇毎が持つそれぞれの特徴を表現できるアーティストを求めた結果、Mr.Childrenに主題歌を依頼することになったという。Mr.Childrenは前篇主題歌「祈り 涙の軌道」と、後篇主題歌の二曲を書き下ろす。

プロデューサーは「Mr.Childrenの作品はどの曲も“青春の光と翳”が内包されていて、若者だけではなく、聴く者の誰しもが“あの頃の僕等”に思いを馳せ、共感を覚えるのだと思います。本作では、主人公たちのたどった時間と成長の軌跡を体現してもらうべく、前後篇のエンディングそれぞれの情感に寄り添う曲を提供してもらいたくて、二曲という贅沢なお願いをし、快諾いただきました」と明かした。今回の決定に、生田は「映画の主題歌を書き下ろしてくださると聞き、とてもワクワクしています。桜井(和寿)さんが描く詩や曲の世界観にいつも驚かされています」とコメントを寄せ、「学生時代、カラオケでミスチルを歌う男子はモテモテでした。主演映画の主題歌を書き下ろしていただける僕は、この先どんなモテモテ人生が待っているのでしょうか」と茶目っ気たっぷりだ。吉高も「Mr.Childrenさんが主題歌とうかがった時はすごく嬉しかったです。あの映画にMr.Childrenさんの曲が重なったらと、想像すると今から胸が高鳴ります」と喜びを語った。

2002年の連載開始以来、10年にわたり愛され続け、1巻から15巻までで少女漫画としては驚異の累計発行部数1000万部を誇る原作。いよいよ2012年2月に完結を迎える予定となっており、矢野と七美の恋の行方にも注目が集まっている。また、12月7日(水)午後5時より本作の公式サイトで、本作の予告編が配信を開始。主題歌は挿入されていないが、純粋にして繊細な主人公・矢野を演じている生田の姿は公式サイトでしか見れないので、是非とも予告編を見て、公開を心待ちにしてほしい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード