美人天才騎手のエピソード解禁! JRAに話題の「ウマドンナ」開発裏話を聞いてみた

「ウマドンナ」第3のヒロイン、天才ジョッキー・藤沢紅莉栖がいよいよ登場
  • 「ウマドンナ」第3のヒロイン、天才ジョッキー・藤沢紅莉栖がいよいよ登場

日本中央競馬会(JRA)の公式サイトで展開中のシミュレーションゲーム「My sweet ウマドンナ ~僕は君のウマ~」。アニメーション制作をプロダクションI.G.が担当していることや、豊崎愛生、佐藤利奈、遠藤綾など人気声優陣がキャストを務めていること、そして“馬の視点からヒロインたちと交流できる”という斬新なアイデアで話題になっている作品だが、その開発にはどんな思いが込められていたのだろう?

JRAお客様サービス課に、本作品開発の経緯について質問してみたところ、「毎年、有馬記念に向けて、テレビCMや新聞広告を大々的に行ってきましたが、競馬未経験の方にも興味を持っていただくには、サイトに面白いコンテンツをご用意し、ツイッターやフェイスブックとも連動して盛り上げていくのが、より効率的だという考えから、こちらの企画を思いつきました」との答えが返ってきた。

ゲームの出来映えに対する感想や、見どころとなるポイントについても聞いてみると、「キャラクターデザインにシナリオ、アニメーション、キャスト、さらにはオープニングソングと、全ての要素に一流のクリエイターが集まり、本格的なシミュレーションゲームに仕上げてくれました。またゲーム内では、競馬に関する各施設の紹介や、厩務員・調教師・騎手の仕事の解説なども、ストーリーに沿って描かれているので、競馬ファンの方はもちろん未経験の方でも、競馬の魅力を存分に堪能してもらえるはずです」。

本作は、まだオープンから一週間しか経っていないにも関わらず、ユーザーから様々な意見が寄せられているという。「最初は『馬がヒロインと意思疎通する』という設定を受け入れてもらえるか、少し不安だったのですが、オープンするやツイッターやWEBニュース、掲示板などで予想を上回る好反響をいただきまして。昨年実施した『CINEMA KEIBA JAPAN WORLD CUP』『優木まおみとデート体験!わたしをウマくリードして』『篠田麻里子を撮り放題 好き撮り! MY JOCKEY』と併せて、JRAは面白いことをやってるなというコメントも多数いただきました」。

このように、開発陣の想像をはるかに超え、大ヒット展開中の「My sweet ウマドンナ ~僕は君のウマ~」。12月18日(日)より第3のヒロインで天才ジョッキー・藤沢紅莉栖のエピソードも解禁されるので、この機会に本作をプレイして、競馬そのものの魅力にもはまってみてはいかがだろうか。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報