FUNKY MONKEY BABYS、新曲にはチュートの徳井が!

CDジャケットには徳井の顔のアップがメインに!
  • CDジャケットには徳井の顔のアップがメインに!

待望の10thシングル「桜」を2/18(水)にリリースするFUNKY MONKEY BABYS。今作は、FUNKY MONKEY BABYSの代表作で200万DL、20万枚セールスの大ヒットソング「Lovi'n Life」に代わる新たなサクラソング。この春、ストレートなタイトルそのままに「桜」が卒業式から結婚式まで、それぞれの春を彩る曲である。

FUNKY MONKEY BABYSと言えば、ファーストシングルに「そのまんま東(現、東国原英夫宮崎県知事)」、セカンドシングル「山田花子」、サードシングル「ペナルティー」と初期はお笑い芸人さんが連続出演。デビュー3周年を迎え、記念すべき10thシングルに、今、お笑い界で“イケメンお笑いNo.1”と称される「チュートリアルの徳井義実」をジャケット&PVに起用!

FUNKY MONKEY BABYSのメンバーは徳井を起用した理由を以下のように語っている。

「以前からお笑い芸人・チュートリアルの徳井さんとしてTVで観ていて非常に良く知ってはいましたが、普段バラエティーでみせる表情と、映画『天国はまだ遠く』やドラマ『リセット』、コブクロのCMでふと見せていた真剣な表情とのギャップが、すごく魅力的で等身大の男性像として、とても印象に残っていました。

「桜」という曲は、様々な出会いと別れがあって、節目を迎えるこの時期に、今までずっと仲良く付き合ってきた女性に意を決して“これからも一緒に生きていこう”というメッセージを伝える曲です。決して特別な人が特別な事を言おうとするのではなくて、いつもそばにいる彼女に自分が、普段言えなかった一言を伝える瞬間を表現しました。出来上がった曲を聴きながら、そんな場面を想像したときに浮かんできたのが徳井さんの顔でした。そこで、是非、徳井さんの演技に自分達の歌が重なる姿を観てみたいと思い、ご協力をお願いしました。」

徳井自身も、「“風に桜”(以前に雑誌の企画で徳井が書いた短編小説)の世界観と「桜」の雰囲気がすごく似てて運命めいたものを感じた。」とコメントしている。

毎回、新曲のCDジャケットに有名タレントを起用しているFUNKY MONKEY BABYS。しかし、その楽曲自体は新鮮な上、聴いていて心地良い曲ばかりなので、今回の新曲「桜」も今から待ち遠しい。ちなみにこの「桜」の着うた(R)が、2/4より先行配信をしているので、まずは着うた(R)をチェックしよう!

【CDリリース情報】
10thシングル「桜」(2009.2.18 Release)
MUCD-5146 1,050円(tax in)  
CD-EXTRA仕様(PV収録)
<収録曲>
1.桜
2.君の手の平でダンス'09
3.桜(inst)
4.君の手の平でダンス'09(inst)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報