ラドクリフ、「ゲイに好かれるのは歓迎」

ウェルカム!
  • ウェルカム!

ダニエル・ラドクリフは、自分のことが好きなゲイと会うのが楽しくて仕方ないらしい。

ラドクリフは、ハリー・ポッターのイメージが強かったため、かつては若い女性のファンが多かったが、ブロードウェイの舞台“エクース”で全裸を披露してからは、女性ファンに代わってゲイのファンが急増。

「ちょっと罪の意識も感じるけれど、ゲイが僕にお熱になってくれるのは、僕にとって一番うれしいことだよ」「母親がキャスティング・ディレクターで父親がエージェントをやっていたから、僕は小さいときからゲイに囲まれて育ったんだ。だから彼らのことを、おかしいとか特別に思ったことはないんだ。両親が弁護士とか銀行員ならゲイが周りにいなくて当然だから、学校でゲイの友達がいるのは僕だけだった」そう。さてラドクリフの趣味は?

【NY在住/JUNKO】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報