大ブレイク必至! CMでおなじみの美少女の主演作が立て続けに公開

『POV 呪われたフィルム』では恐ろしい出来事に遭遇する本人役に
  • 『POV 呪われたフィルム』では恐ろしい出来事に遭遇する本人役に

2011年も数々の新人女優やアイドルがお茶の間を賑わした。その中でも最近よく見かけるのが、ソニーのブルーレイディスクレコーダーのCMで、録画を忘れたお父さんに涙を流しながら訴える美少女。あの少女は誰?なんてお思いの方も多いはず。彼女こそ、2012年にブレイク必至の女優・川口春奈、16歳だ。

2007年に雑誌「ニコラ」の第11回モデルオーディションでグランプリに輝き、華やかなデビューを飾るや、2009年には13代目リハウスガールや、清純派の登竜門ともいえるポカリスエットのCMに起用されるなど、モデルとして雑誌やCMを中心に活躍してきた。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(11)で、前田敦子演じる主人公の幼なじみ、夕紀役で映画初出演を果たし、2012年には2本の作品で映画初主演を飾る。

まず、2月18日(土)公開のホラー映画『POV 呪われたフィルム』。本作では事務所の先輩である志田未来と共に本人役で登場し、携帯電話向けの番組の収録の際のトラブルが原因で恐ろしい出来事に巻き込まれていく姿をリアルに演じている。もう1本の『桜蘭高校ホスト部』(3月17日公開)は7月に放送されたテレビドラマの劇場版。セレブが通う高校の唯一の庶民かつ、男を偽って学園生活を過ごす主人公・藤岡ハルヒをショートカット姿で演じている。

この2本だけでなく、12月30日から開催の第90回全国高校サッカー選手権大会の7代目マネージャーにも選ばれるなど(初代の堀北真希以降、新垣結衣、川島海荷らが歴任)、さらなる飛躍が期待される川口春奈。これから確実に目にする機会が増えてくるだけに、まだ名前を知らなかった方は覚えておいて損はなさそうだ。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報