吉高由里子に五十嵐信次郎が「ぶち抜けてる。大女優だ」と称賛

矢口史靖監督作『ロボジー』に出演した五十嵐信次郎&吉高由里子
  • 矢口史靖監督作『ロボジー』に出演した五十嵐信次郎&吉高由里子

『スウィングガールズ』(04)、『ハッピーフライト』(08)の矢口史靖監が放つ、奇想天外の爆笑コメディ『ロボジー』が1月14日(土)より公開される。本作で73歳にして映画初主演を果たしたロックンローラー、ミッキー・カーチスこと俳優・五十嵐信次郎と、共演の吉高由里子にインタビュー。撮影の珍エピソードを色々話してもらった。

家電メーカーが社運を懸けて作った二足歩行ロボット“ニュー潮風”が、ロボット博の一週間前に大破! 困ったロボット開発部の3人の社員は、ロボットの中に73歳の老人(五十嵐信次郎)を入れて出場させるが、ニュー潮風が予想外に人気を博していく。五十嵐は苦労した点についてこう語った。「一番の敵は寒さでした。ロボットのサイズがぴったりで、中に入る時はカイロ1枚貼れないんだから」。吉高も「鉄だから冷たい風が吹くとどんどん冷えてしまうし」と合いの手を入れる。五十嵐は「しかも立ったままで座れない。全部ネジ止めだから、着け外しに合計1時間もかかるんです。俺がトイレに行く間、みんなが待ってなきゃいけないから、水分を取らないようにしてました」と激白。

吉高が演じるのはニュー潮風に恋をするロボットオタクの女子学生・佐々木葉子役だ。劇中で葉子は、あることに逆上し、豹変する役どころ。あのキャラ設定に抵抗はなかったのか?と聞くと「ないですよ」とケロリと答える吉高。「ああいうふうにキャラクターがぽこんと出てもらった方がこっちとしてはやりやすいんです。やっぱり等身大の普通の役が一番難しいですよ。結構好きなんです、ああいう葉子みたいな役は。鏡を見て、もっと作りこみたくなりました」。

五十嵐はそんな吉高に対して「こんな女優いないよ。普通の女優は『私、女優よ』ってところがどこかしらにあるんだけど、この人はぶち抜けてる。俺は出来上がりを見て、びっくりしたね。これだけいろんな顔を持った女優はそういない。アメリカには結構いるだろうけどね」と大絶賛。吉高は「ああいう路線でいかないと、普通の役をやってたら芝居が下手なのがバレちゃいますから(笑)」と謙遜するが、五十嵐は「いやいや。彼女はこれからすごいことになると思う。大女優だよ」とさらに賞賛し続けた。

最後にふたりから、本作で伝えたいメッセージをもらった。まずは五十嵐から。「今、日本自体が世界でも注目されるほど大変な時期です。でも、2012年はこの映画を見て、家族で寄り添って乗り切ってもらいたい。笑いもあり、泣きもあり、胸がキュンとするところもあるから」。吉高は本作をこうアピール。「たくさん笑ってほしいし、たくさん驚いた顔をしてほしいし、ちょっとほっこり気が休まるような場所も作りたいって感じで、毎回エンターテインメントを作っています。メンタルヘルスというか、心が柔軟になる映画じゃないかなって思います」。

ぷぷっと笑い続けた後、ハートウォーミングな家族愛が温かく胸に染み入る『ロボジー』を見れば、2012年の幸先は良し!【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報