グルメ

140種類もの個性派駅弁が味わえる特別展が開催!

横浜ウォーカー 2012年1月15日 15時00分 配信

すべての写真を見る(3件)
全国各地の特産品やご当地キャラクターをイメージした容器など、各地域の魅力がたっぷり詰まった個性的な駅弁を一挙に味わうことができるイベント「有名駅弁と全国うまいもの会」が、1月18日(水)から24日(火)まで、神奈川県川崎市のさいか屋川崎にて開催されることになった。

定番の人気駅弁から新登場のものまで、全140種類もの駅弁が大集結する。そんな中から幾つかピックアップしてみると、まずおすすめなのが香川県高松駅の「アンパンマン弁当」(1100円)。キャラクターの顔をイメージしたチキンライスや唐揚げ、ウィンナーなどが入っている他、アンパンマンをかたどったお茶入りの水筒が付いてくる。食べ終わった後も水筒はそのまま活用できるので、子供を中心に人気が出そうだ。

これ以外にも、0型新幹線を模した容器に寿司飯やアナゴ、ローストビーフがたっぷり詰め込まれた兵庫県新神戸駅の「0型新幹線 夢の超特急弁当」(1050円)、カニやイクラ、数の子、サケ、ツブ貝など、海の幸を一度に味わうことができる北海道旭川駅の「北海玉手箱」(1100円)など、魅力的なメニューも勢ぞろい。遠出をせずとも、全国各地の駅弁が食べられるこの機会をどうぞお見逃しなく!【横浜ウォーカー】

おすすめ情報