くまモンが目印!熊本のご当地パン、県産品使用の第2弾発売

山崎製パンとコラボした「若っ人パン」の第2弾が発売
  • 山崎製パンとコラボした「若っ人パン」の第2弾が発売

テレビ熊本(TKU)で放送されているローカル番組「若っ人ランド」と山崎製パンがコラボしたパン「ランチパック晩白柚(ばんぺいゆ)ジャム&ホイップ」(136円)、「メロンパンサンド」(126円)が2月1日より、九州全エリアのスーパー・コンビニエンスストア(一部を除く)で発売された。

「若っ人ランド」は、笑いあり、涙ありの地域密着型バラエティー番組。番組名は、若者の場所という意味に加え、熊本弁で「わかっていないでしょ!?」を意味する「わかっとらんど~!?」をかけたもので、若者に絶大な人気を誇る長寿番組だ。番組では、地域に密着した企画を展開中で、2010年には第1弾として「県産米粉を使った米粉ロールパン」を発売している。

第2弾となる今回は、2011年11月からプロジェクトを始動させ、山崎製パン熊本工場協力のもと「県産食材を使った売れるパン」を目指し制作。使用した食材は、八代の晩白柚(ばんぺいゆ)と、県産メロン。「ランチパック晩白柚(ばんぺいゆ)ジャム&ホイップ」は晩白柚(ばんぺいゆ)という熊本特産のミカンを使ったもので、酸味をおさえた口当たりまろやかなパン。一方、「メロンパンサンド」は熊本産のメロンを使用し、メロンの風味を活かした豊かな香りと、サクサクとした食感を楽しめる。

パッケージには2011年の「ゆるキャラグランプリ」で1位に輝いた熊本のゆるキャラ「くまモン」を起用。晩白柚を持ち上げている「くまモン」など、ゆるキャラの名にふさわしいユル~いパッケージも「かわいい!!」と評判だ。

前回制作した「米粉ロールパン」は、10万個以上の人気商品となっているだけに、第2弾となる今回もそれを上回る人気が予想される。ゆるキャラ「くまモン」ファンや、九州を訪れる機会があればぜひゲットしたい商品だ。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報