摩訶不思議な旨さ!麺屋武蔵の“チョコラーメン”最速レポート

チョコ×ラーメン!? この意外なコラボは今回2弾目!
  • チョコ×ラーメン!? この意外なコラボは今回2弾目!

チョコを使った“チョコラーメン”が進化した。

人気ラーメン店「麺屋武蔵」とロッテ「ガーナミルクチョコレート」がコラボし、チョコレートを“調味料”として使ったラーメンを生み出すこの企画。1月に上野の「麺屋武蔵 武骨」で期間限定で発売した「チョコ味噌ラーメン」がヒットとなり、第2弾として「麺屋武蔵」6店に展開することが決まったのだ。

「チョコレート×ラーメン」と言葉で聞いてもまったく想像ができない記者は、さっそく“チョコラーメン”を実食してきた。

今回試食したのは「麺屋武蔵 本店」で食べられる「梅ガーナ」(800円)。梅を意識した華やかな盛り付けのあえ麺で、アクセントのチョコレートソースがなんとも印象的。とはいえ最初に驚くのは、やっぱりソースの味だろう。バルサミコ酢と梅酒が入っているため、チョコレートソースが“甘ずっぱい”のだ。

でもこのソース、平打ち麺によくからめて、具材の野菜や叉焼、ピスタチオと一緒に食べると、爽やかで奥深い味わいが広がり、ソース単体とは違った深さが出てくるから不思議。一番下に梅ソースが敷いてあるので、しっかりからめて食べるのがオススメだ。記者は、「甘いの?」「酸っぱいの?」と探るように食べていくうちに、あっと言う間に完食してしまった。

「チョコレートは調味料として使うと“甘み”“香り”“コク”が特徴ですが、実は“酸味”もかくれた魅力。それを引き立たせるために、バルサミコ酢や梅酒と組み合わせたんですよ」(麺屋武蔵本店・矢都木さん)

なるほど。だから梅の酸味とチョコソースが、こんなにも合うんですね…。と思っていたら、なんでもこの「梅ガーナ」には意外な誕生秘話があるのだとか。

「直前までは『ガーナ和えつけ麺』という名前で発売する予定だったんです。でも、バルサミコ酢だけじゃちょっと物足りないなと思って、梅を使うことにしました。この時期にぴったりじゃありません? 梅のソースやピンクの彩りを楽しんでください」(矢都木さん)

ぎりぎりまで熟考を重ね、内容やメニュー名まで変えてしまう“こだわり”はさすがの一言。もちろん他5店舗でも、チョコの旨みを最大限に生かした“チョコラーメン”を味わうことができる。

「麺屋武蔵」が力を入れた“チョコラーメン”は、2/7(土)〜15(日)の期間限定で、1日20食限定。おりしも今はバレンタインシーズン真っ盛り。プレミアな“チョコラーメン”で、旨くてちょっと不思議な味を体験してみては?  【東京ウォーカー/安藤真梨】

「梅ガーナ」(800円・税込み)…麺屋武蔵 本店(新宿)

「ガナナ担々麺」(900円・税込み)…麺屋武蔵 二天(池袋)

「カレーガーナつけ麺」(880円・税込み)…麺屋武蔵 虎洞(吉祥寺)

「ホワイトカリー」(900円・税込み)…麺屋武蔵 江戸きん(浅草)

「つけガーナ」(900円・税込み)…麺屋武蔵 鷹虎(高田馬場)

「ガーナチョコ和えそば」(850円・税込み)…麺屋武蔵 武骨外伝(渋谷)

※販売時間は、本店と二天のみ18:00〜21:30。他店は営業時間中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報