【徳島県・鳴門市観光】渦潮だけじゃない!「鳴門の魅力体感ツアー」に参加しました(3日め)

「はらまる」にて、牡蠣の殻むき&試食体験! 新鮮な牡蠣は何もつけなくてもおいしいです!
  • 「はらまる」にて、牡蠣の殻むき&試食体験! 新鮮な牡蠣は何もつけなくてもおいしいです!

楽しかった徳島県・鳴門市ツアーも最終日。1日め→http://news.walkerplus.com/2012/0210/28/ 2日め→http://news.walkerplus.com/2012/0210/29/

まずは海岸通りの「はらまる」にて、牡蠣の殻むき&試食からスタートです。1人1000円で、殻をむいて新鮮な牡蠣をそのままペロリです。レモンやポン酢など、お好みで。牡蠣はいろんな調理方法で出してもらえるので、そちらもお楽しみに(別途料金)!

そこから、2日めの宿である「ルネッサンス リゾート ナルト」に戻り、わかめの水揚げと塩蔵体験にチャレンジ(1名1000円※宿泊者のみ)! 揚げたてのわかめを熱湯に入れると、茶色から緑に変身! 塩をたっぷり入れて、どんどんもみ込んでいくと、塩蔵わかめの完成です。このまま半年ほど保存できるそう。わかめを使った雑炊やみそ汁を堪能して、お腹も大満足です。

鳴門スカイラインの絶景を堪能しながら移動し、到着した先は「漁協食堂うずしお」。すぐ隣りが漁港になっていて、ここでは新鮮な魚介料理を味わえます。今回食べたのは、ハマチがたっぷり入った北灘ハマチ定食1800円。お造り、かぶと焼き、わかめたっぷり味噌汁など、とても1人分とは思えない量です。ほか、鯛のにゅうめんなど、一品料理も多数用意されています。

観光最後のスポットは、世界的に有名な「大塚国際美術館」へ。ここでは世界の名だたる名画が、陶板で再現されています。その数なんと1000点以上! 「モナリザ」「最後の晩餐」「ゲルニカ」など、教科書でしか見たことがない絵画を、「原寸」で見ることができるのです。しかも撮影も可!ということで、モナリザと同じポーズで記念撮影パチリ。ものすごく広いので、一日中堪能できます。

以上、2泊3日のモニターツアーを完遂しました! 徳島県鳴門市は渦潮以外にも見どころ、そして食べどころがいっぱいあることがわかったツアーでした。ぜひこの春のお出かけに活用してください!

【関西ウォーカー/薮伸太郎】

●はらまる
電話:090-2892-8813(8:00~20:00)
●ルネッサンス リゾート ナルト
電話:088-687-2580(代表)
●漁協食堂うずしお
電話:088-682-0037
●大塚国際美術館
088-687-3737

キーワード

[PR] おすすめ情報