AIも絶賛!JAMOSAを聴かないでどうする!?

3rdアルバム「RED」(CDのみ)のジャケット。その歌声はワールド級!
  • 3rdアルバム「RED」(CDのみ)のジャケット。その歌声はワールド級!

日本を代表するR&BシンガーのひとりAI。そのAIが「日本を代表するR&Bシンガー」、「JAMOSAを聴かないでどうする!?」、「JAMOSAマジマチガイナイですっ!!!」と絶賛する『JAMOSA』。その彼女が、このたびマライヤキャリー、アッシャー、ジャネットジャクソンなどの世界的ヒット曲を手がけるプロデューサー『マニュエルシール』に逆指名を受け、LAにてレコーディングした曲を収録した3rdアルバム「RED」を2/18(水)にリリースすることが分かった。

 JAMOSAは、2006年に「DREAM」でメジャーデビューを果たし、その斬新なサウンドにより各メディアから高評価を得ている。そして、2007年2月に超大物R&Bプロデューサー『マニュエルシール』がプライベートで日本に来日していた際、渋谷HMVでJAMOSAの2ndアルバム「CRY」を購入。その歌声とソウルフルなグルーブに感銘を受け、所属レーベルavexに「彼女をプロデュースさせてほしい」と直電してきた話は、音楽業界では伝説的な逸話として語られている。

JAMOSAは「RED」用の楽曲のレコーディングを、マニュエルシールとマドンナ等が使用するLAのレコーディングスタジオにて行ったが、まったく白紙の状態からスタジオに入り、JAMOSAとマニュエルシールが共同で「TELL ME」、「SELFISH」の2曲を制作。オール英語による歌詞、綿密に考えられたコード進行、これぞスタンダードと呼べるメロディー、シンプルなトラックにJAMOSAの日本人離れした倍音成分の多い歌声が美しい楽曲となっている。

また、今回のアルバムにはフィーチャリングとして今、傳田真央とのシングルがヒット中のSphere, ウェッサイシーンの中心人物BIG RON、レゲエ界の風雲児MEGARYU、HIPHOPの次世代ラッパーSEEDA、また浜の怪物MACCHO(OZROSAURUS)を迎えた曲が収録される。

歌声と少しレイドバックしたソウルフルなグルーブ感は間違いなく世界標準であるJAMOSA。日本から世界に通用するアーティストがまた生まれるかもしれないと期待せずにはいられない。現在、3rdアルバム「RED」から先行曲「SOMEDAY」の着うたフル(R)が、mu-mo、dwango.jpにて無料配信されているので、まずはチェックだ。

【CDリリース情報】
3rd ALBUM 「RED」(2009.2.18 Release)
[CD+DVD]AVCD-23763/B 3,700円(tax in)      
[CD]AVCD-23764 2,800円(tax in)

キーワード

[PR] おすすめ情報