アルパカの赤ちゃんの名前、2頭同時に募集!

左は、今回誕生したアルパカの赤ちゃん(その1)。右は、お母さんアルパカの2歳のクー
  • 左は、今回誕生したアルパカの赤ちゃん(その1)。右は、お母さんアルパカの2歳のクー

北海道恵庭市にある「えこりん村」に、またまたアルパカの赤ちゃんが誕生した! 

出産したのは2歳の「クー」と5歳の「ポー」で、生まれたのは2頭ともオスのアルパカ(写真)。この2頭の名前を2月28日(土)まで募集中だ。名付け親になった人には、アルパカグッズをはじめとするえこりん村特製グッズがもらえる。応募方法は、メールかFAXかはがきの3種類。詳しい応募方法はHPをチェックしよう。

■アルパカの赤ちゃんにはいつ会えるの?

2頭のアルパカの赤ちゃんがお披露目されるのは、3月20日(祝)11:30から開催される命名式。会場は「えこりん村」内「森のレストラン天満」横の広場だ。入場は無料。

今すぐアルパカの赤ちゃんに会いたい! という人は、昨年11月に生まれた「パル」(オス)の触れあい会に参加しよう。パルはとても人なつっこく、柵の近くまで行くとこちらに寄ってきたりするそうで、優しく撫でたりもできるそうだ。触れあい会は、3月8日(日)までの土日祝12:00〜13:00限定で、「えこりん村」内「森のレストラン天満」横の広場で行われている。こちらも無料。

アルパカの赤ちゃんに会ったあとは、えこりん村産の羊毛を使ってつくる「アルパカゆび人形作り体験」(¥300・写真)もおすすめだ。【北海道ウォーカー編集部】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報