ミスドにはなかった新しいスイーツが!MOSDO恵比寿店がオープン

JR恵比寿駅西口から徒歩1分の場所にオープンする「MOSDO恵比寿店」
  • JR恵比寿駅西口から徒歩1分の場所にオープンする「MOSDO恵比寿店」

モスバーガーとミスタードーナツのコラボレーションブランド「MOSDO(モスド)」の第3号店「MOSDO恵比寿店」が、4月1日(日)午前10時にオープン。それに先がけて、3月26日(月)に内覧会が開催されたので、同店について詳しく紹介しよう。

「MOSDO」は、“商品やサービスを通じて、日常生活における憩いやくつろぎをご提供する場”をコンセプトとした両社のコラボレーションブランド。2010年4月に第1号店「MOSDOイオンモール広島府中ソレイユ店」、2011年9月に第2号店「MOSDO京都河原町通りショップ」をオープンした。そして、今回出店する「MOSDO恵比寿店」は関東初出店となる。 同店には「野菜を楽しむサンドイッチ」など、ヘルシーで魅力的なメニューが並ぶが、特にミスドが開発したというスイーツは、京都店で人気の高かったものをさらにブラッシュアップして提供してくれるという。

スイーツメニューで見逃せないのは、厚焼きホットケーキやフレッシュなイチゴを使用した和風スイーツ。厚焼きホットケーキは「メープル&バター」(280円)と「キャラメル&アップル」(350円)の2種が用意される。どちらもクリームチーズを使ったチーズ風味の分厚い生地が魅力で、温かい状態で食べられるのが嬉しいところ。じっくり時間をかけて焼き上げるのだという。

そして、もう一つの注目商品「モスドのいちご大福」(各220円)は、モスドらしさがアピールされた一品。ソフトブッセ生地でホイップクリームなどをサンドした、いちご大福をイメージした商品になっており、展開される「いちごあずき」「いちごチョコ」のどちらにも、いちご風味の求肥が入っているところがポイントだ。ミスタードーナツ事業本部の嶽山輝寿さんは、「いちご大福は求肥でモチモチ感を演出しました。ミスドの既存商品とは全く異なるスイーツになっています。大福といえど、展開するスイーツは、ほぼ、焼き菓子をベースに作っているんですよ」と解説する。

メニューは他に「ハンバーグ&グリル野菜」など、野菜をふんだんに使った様々なサンドイッチも提供する。ヘルシーな食事メニューや、一から設計して建てたというお洒落な店舗は、流行に敏感な人が集まる恵比寿という立地にマッチしているのではないだろうか。高い天井やテラスの緑がハイセンスな「MOSDO恵比寿店」で、是非ゆったりと過ごしてみては?【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報