五月みどりの大胆“セックス発言”に綾部ら熟女芸人失神寸前

エロトーク全開の五月みどりに熟女芸人たちはタジタジ
  • エロトーク全開の五月みどりに熟女芸人たちはタジタジ

「第4回沖縄国際映画祭」2日目の3月25日(日)、那覇市・桜坂劇場にて「熟女芸人がむっちり解説 俺流エロ『五月みどりのかまきり夫人の告白』」と題してトークショー&生オーディオコメンタリー上映が行われた。ステージには、天津木村、ピース・綾部祐二、ロバートが登壇。エロティック映画の主演女優・五月みどりのトークショーが楽しめるとあって、会場にはファンなど50~60代の成熟した大人たちが集まり、アダルトムード漂う中で始まった。

映画『五月みどりのかまきり夫人の告白』は、夫の浮気に嫉妬し、なまめかしい女体で、次々と男たちを誘惑し破滅へ導く魔性の女を描いた1975年公開のポルノ映画だ。

「桜坂映画大学へようこそ! 保健体育ですよ」と綾部の司会進行で始まった上映前の舞台あいさつでは、“熟女芸人”こと天津木村、綾部、ロバート・秋山はもうワクワクした様子。しかし、熟女芸人ではないが参加したロバート・山本と馬場は「今日の上映を観て勉強したいです」と謙虚な姿勢。綾部が「みなさん、覚悟はできましたか? 場内はもう施錠したのででられませんよ」とジョークを飛ばして会場を沸かせた。そして全員で「男性限定ですが、“立ったら”席を立っていい」という珍ルールを決めると客席から微妙な笑い声がこぼれた。

「エロス号の出発です!」という合図でいよいよ上映がスタート。観客席に移動した芸人たちが感想を語りながら映画を観賞する生オーディオコメンタリーが始まった。作品冒頭からセクシーなネグリジェ姿の五月に一同「ウォー!」と感激。さらに、色んな男性との濃厚な絡みシーンでは、あらわに露出した五月の裸体に「きれい」「絹のような肌」と興奮状態。舌を絡ませた官能的なキスシーンでは、我を忘れて「は~」というため息がマイク越しに漏れていた。作品に入り込む熟女芸人の横で、馬場は作品に夢中で無言、山本は「熟女関係なく良い」と、2人とも映画に魅了されていた。セクシーシーンがスクリーンに映る艶めかしい雰囲気の中、遅れて入場してきたお客さんが。気づいた綾部が「これは吉本のお笑いライブですよ」とコメントすると、大きな笑いが起こる。

上映後のトークショーでは、満を持して今作の主演を務めた五月みどりが登場。芸人たちは、今もなお美しく色香漂うその姿にメロメロで、テンションは最高潮に。「撮影は恥ずかしかったけど、楽しかったです」「30代はセックスのことばかり考えていました」「テクニックを知らない頃で大変でした」「自分の経験だけを頼りに演技していた」「今だったら、50代でも60代でも性欲はありますよ」という赤裸々な発言の連発に一同驚きながらも大興奮! 

劇中で夫役を演じている山城新伍が、若い女性の股間に足を忍ばせたり、女性の体液で指を湿らし本のページをめくるエロシーンが、実はアドリブだったという仰天エピソードも飛び出した。また、撮影時のエピソードを語る際に、五月が何度も「セックスシーンが…」と躊躇なく語るので、芸人たちから「五月さん、容赦なく言い過ぎですよ!」と突っ込みが入っていた。そして全員、目を輝かせながら作品のリメイクを希望!

最後は、天津木村のエロ詩吟ネタで「♪あの頃の五月さんの身体はイチゴのようで~、今は洋梨のようで~僕らにとっては用あり~」とバッチリと決め、色っぽい姿とエロトーク全開の五月みどりに全員悩殺されたまま上映会の幕が閉じた。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報