「ココイコ!」がリニューアル! 城島茂のサポート役に角澤アナ&“出産後初仕事”の堂アナが決定!

「あさナビ」が出産後の初仕事となる堂真理子アナウンサーと角澤照治アナウンサー(写真左から)
  • 「あさナビ」が出産後の初仕事となる堂真理子アナウンサーと角澤照治アナウンサー(写真左から)

テレビ朝日で毎週土曜朝に放送中の、TOKIO・城島茂がMCを務める情報番組「城島茂の週末ナビ ココイコ!」が、4月7日(土)からタイトルや内容を大胆にリニューアル。進行役に角澤照治アナウンサー、出産後初仕事となる堂真理子アナウンサーを迎え、装いも新たに「あさナビ」としてリスタートする。城島は「各ジャンルの専門家がスタジオにいらっしゃるので、ボクが41年間生きてきて分からなかったことを直接、聞けるのがうれしい! より深く、より広く、皆さんの“ココロの栄養”になるような情報をお伝えしたい!」と、アピールした。

同番組は、週末のお出かけ情報をメーンにこれまで放送されてきた「ココイコ!」とは違い、“ニュース”“エンタメ”“健康”“日本文化”などの専門家がナビゲーターとして毎週5名ほど登場し、最新情報をセレクトして独自の視点でこだわりの情報を発信していく。ナビゲーターの解説に城島茂が視聴者目線で疑問をぶつけ、取っつきにくいテーマも分かりやすくかみ砕いて伝える。特に、今後は「ニュース」に力を入れ、“土曜朝刊の一面”をチェック。一週間の主要なニュースの中から、ナビゲーターがジャーナリストの視点で“今、注目のニュース”をピックアップする。また、天気予報のコーナーでも単なる予報ではなく視聴者のためになる情報をプラスし、健康コーナーでは現代人のライフスタイルにピッタリはまる美容のトレンドや話題の予防法を紹介するなど、視聴者にとって役立つ情報を満載で送る。さらに、城島によるロケコーナー「わびさびナビ」も登場。「ココイコ!」で数々のぶらり旅を体験し、インドア派からすっかりお出かけ派に変身した(?)城島だが、この番組では、“日本文化”担当のナビゲーターと共に、歴史ロマンを感じられるスポットなどに繰り出す。日本人が大切にしてきた古きよき知恵や美しい心、生活文化など“日本の心”に触れていく。

メーンMCは「ココイコ!」に引き続き城島が担当。そして、城島と同世代で“スポーツアナウンサー”として実力は折り紙付きのベテラン・角澤アナ、出産後初仕事となる堂アナが進行役になり、城島をサポートする。2人の印象について、城島は「角澤アナとは、初対面! 同じ学年ですけど、もうご結婚もされているし、絵に描いたような幸せな方ですよね(笑)。僕は、“王・長嶋時代”で止まっているくらいスポーツに関しては全然分からないので、絶叫まじりで教えてもらいたいですね。堂アナは1年2カ月ぶりの復帰とのことですが、ウチの事務所で1年2カ月間もステージに上がらないとなると…完全に踊れなくなっているでしょうね(笑)。でも堂アナは大丈夫だと思いますので、そんなお2人にフォローしてもらいつつ、僕は視聴者目線で攻めていきたい!」と、共演を楽しみにしていた。

一方、角澤アナは「リーダーとは初対面で、とても緊張しています。光栄なことに同学年ということで、いろいろ共通点があると思うので、これから小学校時代のハヤリものとか、同世代トークができたらうれしいです」と明かし、堂アナは「城島さんとは、新人時代に私が初めて出演させていただいたバラエティー『愛のエプロン』からお世話になっています。あのときは本当にヒドイ料理を作ってしまい、申し訳ありませんでした…。1年2カ月のブランクがあるので緊張していますが、新人に戻ったような、ドキドキワクワク新鮮な気持ちで、番組のスタートを楽しみにしています!」と笑顔を見せた。

「あさナビ」
4月7日(土)からリニューアルスタート
毎週土曜朝6.30-8.00 テレビ朝日ほか一部地域で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報