故ホイットニーの元夫が飲酒運転で逮捕

ボビー・ブラウンが飲酒運転で逮捕
  • ボビー・ブラウンが飲酒運転で逮捕

先月、急逝したホイットニー・ヒューストンの元夫ボビー・ブラウンが、DUI(アルコール又はドラッグの影響下での運転)容疑でロサンゼルスで逮捕されたとUS Weeklyのサイトが伝えている。

同サイトによれば、ボビー・ブラウンは3月26日の正午過ぎ頃、携帯電話で話しながら車を運転していたため、国道で警察に止められ、飲酒検査で0.12という高い数値が出たために逮捕された。彼はその場で身柄を拘束され、現在はヴァン・ナイス刑務所に拘置されているという。ボビー・ブラウンは過去にも飲酒運転で逮捕されたことがあり、その他にも暴行容疑やマリファナ所持、子供の養育費未払いなどの逮捕歴を持つ。

ホイットニーの葬儀では、ボビー・ブラウンは座席の場所の問題でホイットニーの家族ともめ、途中退席したと報道されていた。その後、彼とホイットニーの娘ボビー・クリスティーナが「父親の姓を捨てたい」と発言するなど、彼はホイットニーの家族だけでなく、実の娘からも疎ましがられていると噂されていた。

ホイットニーの急死から6週間が過ぎ、ボビー・ブラウンは「俺は彼女を救うことができた! 俺が一緒にいたら彼女は浴槽の中で死んだりしなかっただろう。俺は絶対に彼女を一人にはしなかったから。人々は俺たちの関係は終わっていたと思っていただろうが、俺と彼女が本当に別れたことはなかった。俺たちは互いを愛することを止めたことはなかった」と、近しい友人に語っているとナショナル・エンクワイアラーが伝えている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報