ドラマ「ATARU」のキャストに、今“当たっている”玉森裕太、光宗薫、ローラが追加発表!

光宗薫はAKB48加入前はモデルとして神戸コレクションでグランプリを獲得したという美人キャラだ
  • 光宗薫はAKB48加入前はモデルとして神戸コレクションでグランプリを獲得したという美人キャラだ

TBS系で4月15日(日)にスタートする中居正広主演のドラマ「ATARU」。初回は夜9時から拡大スペシャルでの放送が決まった。今回の物語は、映画「レインマン」でダスティン・ホフマンも演じたサヴァン症候群という、特殊な能力を持った謎の男・アタル(中居正広)が、警察も気付かなかった犯罪事件に関する微細な証拠を、発見・観察・洞察・推理。そして事件解決につながる「単語」を次から次へ発し、その「単語」の羅列を鍵に、迷宮入りしかけた難事件を毎回解決していくというストーリー。「単語」の意味するものはなにかを視聴者と共に推理していく新感覚のミステリーエンターテインメントとなっている。

その共演者として、既に発表されている北村一輝、栗山千明らに加え、Kis-My-Ft2の玉森裕太、AKB48の光宗薫、ローラが発表となった。玉森が演じるのは、中居演じるアタルと行動を共にする刑事・蛯名舞子(栗山千明)の弟・蛯名昇役。医大生で精神科医になることを志し、講義や実習に忙しい中、しばしばアタルの捜査に協力させられるという役どころだ。クランクインは「めちゃくちゃ緊張して手足が震えました」という玉森は、「中居さんは大先輩なので、この現場に入るまでドキドキでしたが、いろいろと吸収させていただきたいです。役柄が医大生なので、難しい言葉も多くて本などを読んで勉強しています。せりふの言葉の意味を知ることもできて、ためにもなるので楽しいです!」とコメント。

また、光宗が演じるのは、警視庁鑑識課・機動鑑識係の石川唯役。警察学校を優秀な成績で卒業した後、機動鑑識係として抜てきされ、アタルがかかわる事件現場にも現れ、検証を行う。性格はややきつく、言葉遣いも荒い。合コン好きで5時を過ぎるとネイルの手入れや携帯をいじり始めるという役どころだ。「自分自身こんなに緊張したことはいまだかつてないです」という光宗は、「共演者の皆さんが本当に優しくて、すごく面白いです。演技も初めてなので、自信はないんですが、教えていただいた事や見て知った事を、回を増すごとにうまく学習して、その場の空気になじんでいけたらいいなと思っています」と意気込みを語った。

さらに、ローラが演じるのは、1話のゲストとして登場する外資系スーパー「20MART」の女性店員役。中居演じるアタルが、大好物であるスピーディー社のトマトケチャップとハニーマスタードを買いに来た時にレジで対応するのだが、その行動が1話の事件の謎を解くきっかけともなる重要な場面での登場となった。「真剣なローラは初めてだから本当に頑張ろうと思います。オッケー!」と言って撮影に挑んだローラは、スーパーのレジ打ちでは、「慣れたー、もう完ぺきぴっぴだよ。でもなんかすっごい難しいんだなと思って勉強になって、もっと研究をしたくなったの」と撮影を楽しんでいたようす。最後には、「初ドラマはなんかとっても楽しくやろうと思って行ったら、とてもドキドキしちゃって失敗もしちゃったけど、すごい楽しくていい感じに終わったよ。『ATARU』はとっても良い感じに当たると思うの。オッケー!」と、ローラ節を爆発させた。

ドラマ「ATARU」
4月15日(日)スタート
毎週日曜夜9:00-9.54 TBS系にて放送
※初回は拡大スペシャル

キーワード

[PR] おすすめ情報