岡田将生と兄弟を演じた小栗旬「弟ができてうれしかった」と笑顔

映画「宇宙兄弟」のジャパンプレミアに登場した小栗旬と岡田将生
  • 映画「宇宙兄弟」のジャパンプレミアに登場した小栗旬と岡田将生

5月5日(土)に公開される映画「宇宙兄弟」のジャパンプレミアが3月28日、都内で開催され、小栗旬、岡田将生、堤真一、濱田岳らキャスト陣と森義隆監督が登壇した。

同作は、国内二大漫画賞をW受賞した小山宙哉のベストセラー・コミックを実写映画化したもの。幼いころに宇宙飛行士になる約束を交わした兄弟が、異なった人生を進みながらも互いに壮大な夢を追って奮闘する姿を描く。

山田優との結婚を発表して以来、初の公の場となった小栗。観客から「おめでとう」と声が上がるなど祝福ムードに包まれると、小栗は「あんまりその話をすると、ニュースが全部それになっちゃうので」と、控えめにコメントした。

主人公で兄のムッタを演じた小栗は、弟・ヒビト役の岡田との関係について「最近は飲みに行ったりして、仲が良すぎるのですが、映画を撮っていた時はちょうどいい距離感だったと思います。男兄弟ならではの、ベタベタしていない感じが出ていて。弟ができてうれしかったですね」と話すと、岡田も「僕も子供のころから、お兄ちゃんがほしいと思っていました」と笑顔で応えた。

撮影を振り返った小栗は「どうしたら監督からOKをもらえるんだろうという日々も続きました」と、精神的に厳しい状態にあったことを告白。最後に「でき上がった映画を見てみると、自分で言うのも何ですが、すげえ面白い映画ができたと思った。いろんな人間の、真っすぐ前に向かっていく気持ちが描かれている作品です。楽しんでください」と力強くアピールした。

映画「宇宙兄弟」
5月5日(土)より全国東宝系でロードショー

キーワード

[PR] おすすめ情報