きゃりーぱみゅぱみゅが沖縄国際映画祭に登場 汗をかきながら全3曲約15分の白熱ステージ

「沖縄国際映画祭」のイベントで全3曲を熱唱したきゃりーぱみゅぱみゅ
  • 「沖縄国際映画祭」のイベントで全3曲を熱唱したきゃりーぱみゅぱみゅ

連日大盛況の「第4回沖縄国際映画祭」の7日目となる3月30日(金)、沖縄コンベンションセンター・コンテンツランドに人気ファッションモデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが登場。わずか15分のステージだったが、1stシングル「つけまつける」「CANDY CANDY」のほか、デビューミニアルバムに収録されている「きゃりーのマーチ」の3曲を披露した。

今回のライブイベントは、「コカ・コーラパーク ステージ」のイベントの一環。17時からのイベントにもかかわらず、会場前には長蛇の列ができていた。観客の入場が始まると、入場規制がしかれるほどの盛況ぶりで、映画祭期間中のPRステージで一番の観客を集めた。中には彼女と同じファッションをまねて気ぐるみを着た女の子や、カラフルな服装、大きいリボンをこさえる人まで現れ、会場は既に“きゃりーワールド”に。「このために沖縄に来ました!」という人も数多く見られた。

まずは、「きゃりーのマーチ」とともに4人のキッズダンサーが登場。続けて、きゃりーぱみゅぱみゅがステージに現れると、割れんばかりの歓声と拍手が響き渡った。曲が終わり、「沖縄の皆さん、こんにちは〜」と第一声を上げると、観客はさらにヒートアップ。「すごい、後ろの方までぎっしり!」と言いながら客席を見渡すきゃりーに、観客は思い思いに手を振ったり、携帯電話やデジタルカメラで写真を撮るなど、大興奮だった。

その後は4月4日(水)にリリースされる2ndシングル「CANDY CANDY」を披露。パステルカラーの衣装に大きめのピンクのリボンを大きく揺らしながら、ダンスパフォーマンスと歌で観客を魅了した。

そして、続いてはデビュー曲の「つけまつける」を歌うことに。きゃりーは歌に入る前、「皆さんにも歌ってほしいので、全員立ってください! 大人も全員(笑)! 両腕を上げて〜」と大きな声で呼び掛けを。細かく振り付けを指導して、「できますか〜? 聴いてください!」と曲に突入すると、観客一体となって熱気ムンムンのライブパフォーマンスを見せた。

ライブを終えたきゃりーは「すごい! 熱気が! 汗かきました。楽しかった〜」と心からの言葉を口にした。

きゃりーはこのイベントのために前日に沖縄入り。昨日は4人のキッズダンサーたちと観光に行ったことを打ち明け、「あぐー食べて、国際通りに行って、今日はお船に乗ってお魚を見てきました〜」と、すっかり沖縄を満喫している様子だった。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報