007新作で“M”が死ぬ? ジュディ・デンチ臨終シーンも既に撮影か

“M”が死ぬのか?
  • “M”が死ぬのか?

今や007シリーズには欠かせない存在となっているボンドの上司“M”が、シリーズ最新作『007 スカイフォール』で死亡するようだと英紙ザ・サンが伝えている。

同紙によれば「ジュディ・デンチは、本作を最後に引退する。我々は“M”が死ぬシーンを撮り終えたところだ」と関係者が語っているという。ベテラン女優ジュディ・デンチが演じる“M”は、『007 ゴールデンアイ』(95)でピアース・ブロスナンが演じたボンドの上司としてシリーズに初登場。以来、シリーズのアイコン的キャラクターとして愛されてきた。

“M”がシリーズを去る場面については、複数のパターンが用意されている可能性もあるが、ボンドの上司役がジュディ・デンチからレイフ・ファインズに交代するという報道も流れたことがあり、最新作でジュディ・デンチが引退するという説は根強い。サム・メンデスがメガホンを握る『007 スカイフォール』は、“M”に関するストーリーになっているそうで、彼女の過去が明らかになり、ボンドの彼女への忠誠心が試されることになるという。新作での“M”死亡説につき、ザ・サン紙は配給会社のソニー・ピクチャーズに問い合わせているようだが、まだ何の回答もないらしい。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報