現代版『エレファント・マン』? あの名画そっくりに生まれた青年の悲劇とは

まるで名画の中から飛び出してきたかのような本作の主人公
  • まるで名画の中から飛び出してきたかのような本作の主人公

何か叫びにならない叫びを見る者に訴えかける、ノルウェーの画家エドゥアルド・ムンクの名作「叫び」。その名を知らなくとも、誰しもがその絵を見たことがあるはずだ。そんなムンクの「叫び」にインスパイアされた異色作『ムンクの叫び』が5月26日(土)から公開される。

本作の主人公、赤沼かずおはまさにムンクの「叫び」のような醜い顔で生まれた少年。幼い頃から“ムンク”のあだ名でいじめられ、アパレル企業の社長である父親は世間に出せないという理由から、かずおに整形手術を受けさせようとする。だが、彼は麻酔アレルギーで顔に麻酔をかけることができない。やがて、いじめから引きこもりとなるも、デザイナーとしての才能を認められ、父の会社の影のデザイナーとして働くようになる。

醜い顔で生まれてしまったがために、不幸な一生をたどることになる少年の姿は、まるでデヴィッド・リンチ監督の名作『エレファント・マン』(80)やミュージカルの名作「オペラ座の怪人」の主人公を彷彿とさせる。他の人と同じ人間なのに、醜い外見を持ってしまったために迫害される姿が物悲しい。

経歴不詳の役者・中野淳史にテレビドラマ「怪物くん」や「妖怪人間ベム」などの特殊メイクを担当した梅沢壮一がメイクを施し、ムンクそっくりのビジュアルを作り上げた。リアルなキャラクターが生み出す悲劇を通して、色々と考えさせることの多い作品だ。【トライワークス】

キーワード

[PR] おすすめ情報