武井咲の身に“Wの衝撃”が! セクシー衣装&先輩からの壮絶いじめ!?

きらびやかな衣装に身を包む(さつきに成り代わった)摩子役の武井咲
  • きらびやかな衣装に身を包む(さつきに成り代わった)摩子役の武井咲

テレビ朝日系で、4月26日(木)からスタートする武井咲主演ドラマ「Wの悲劇」で、武井がセクシーな衣装に身を包んだ華麗なショーと壮絶ないじめという“Wの衝撃”シーンを撮影した。同じ事務所でもある福田沙紀演じる綺羅々から首根っこを捕まえられ、トイレの便器に突っ込まれるという過激な撮影を敢行。そんな衝撃の体験にも、武井は「なかなかやれない貴重な体験だと思いました。体当たりでやらせていただきましたので、ぜひ見てください!」とさわやかにアピールした。

武井が一人二役で演じる大財閥の令嬢・摩子と天涯孤独の少女・さつきという二人の女性は、互いの立場を入れ替え、それぞれの環境で生き始めるが、その矢先、さつきに成りすました摩子に最初の試練が襲い掛かる。ショーパブ「マスカレード」で華麗なショーダンスを目の当たりにした摩子は、いつしかその舞台に立ちたいと望むように。しかし、それまでのさつきはショーに全く興味を示していなかったため、突然ダンスをやりたいと言い出した摩子は、先輩ダンサーの綺羅々(福田)らからのねたみとひがみの対象になってしまう。純粋で自分の夢に対しては真っ直ぐでいたい、という摩子の態度は綺羅々の気持ちを逆撫でしてしまい、怒りを爆発させた綺羅々は、摩子の首筋をつかみ、顔をトイレの便器に突っ込むという恐ろしい仕打ちをする。

さらに、綺羅々らの摩子に対する嫌がらせは加速し、手の甲にタバコを押し付けられる“根性焼き”など、思わず「昭和のいじめかっ!」とツッコミを入れたくなるほど暴虐の限りを尽くされるが、そんなことではへこたれないのが和辻家の令嬢・摩子。ようやく手に入れた“自由”と、ショービジネスの世界への夢を胸に、綺羅々たちに負けじとダンスの舞台に立とうとする。重厚なミステリーであるドラマの本筋以上に「マスカレード」を舞台に繰り広げられる女たちのバトルにも注目せざるを得ない。

また、ショーパブのダンサーたちが見せる華麗なステージのシーンも注目ポイントの一つ。きらびやかな衣装に身を包んだ福田や、「マスカレード」のトップダンサー・沙耶香役の剛力彩芽らが披露する豪華絢爛なショーは、男性諸氏ならずとも目が離せない。武井自身も初めて着るというセクシーなドレス姿で沙耶香の代役として摩子がステージに立つ回もあり、武井は「今までは舞台を見る側としてお芝居をしてきましたが、すごい照明の中、自分が舞台に立つのは初めてだったので、“魅せ方”などすごく迷いました。衣裳はスリットが深くまで入っていたり、ゴージャスできれいに見えるので、気持ちを作りやすかったです」と笑顔で振り返った。

ドラマ「Wの悲劇」
4月26日(木)スタート
毎週木曜夜9:00-9:54 テレビ朝日系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報