桐谷美玲がカメラマンデビュー!「目線もらって良いですか?」と笑顔

『名探偵コナン 11人目のストライカー』の初日舞台挨拶に登壇した桐谷美玲
  • 『名探偵コナン 11人目のストライカー』の初日舞台挨拶に登壇した桐谷美玲

青山剛昌原作の国民的人気アニメ劇場版16作目『名探偵コナン 11人目のストライカー』の初日舞台挨拶が、4月14日にTOHOシネマズ有楽座で開催。レギュラー声優の高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也と、ゲスト声優の桐谷美玲、元Jリーガーの北澤豪が登壇。カメラマン香田薫役に声を当てた桐谷美玲は、にわかカメラマンとなり、ゲスト陣をご機嫌に激写した。

少年探偵の江戸川コナンが、サッカー観戦中に爆破予告が入ったことを聞き、暗号解読に挑む。コナン役の高山みなみは「今回、どうやって守り切ったら良いんだろうと思いました。史上最高に疲れました。緊張するシーンも続いていたし、単独で色々とやったので」と激白。

コナンの大ファンだという桐谷は「本当にコナンが大好きで、コナンの仲間に入れる!とドキドキしながら嬉しくて」と声を弾ませた。「漫画は全巻持ってるし、弟と順番に買ってます。(声優としての出演を)家族に話したら、今まで話したどのお仕事よりも反応が良かったです」。劇中では、キングカズこと三浦知良選手が本人役として出演し、声優も務めたということで、ゲストとして登壇した元Jリーガーの北澤豪は「これだけ人気のあるコナンと、Jリーグ20周年を迎えた我々がコラボできたことに感謝したいです」と語った。

キングカズの出演について北澤は「自分で要求したんですかね? それくらい良い役でした」と言うと、高山は「カズさんが要求したわけではないと思いますが、重要なシーンでした。私はアフレコを一緒にやらせていただいて、本当に楽しかったです」と嬉しそうに話した。

その後、カメラマン役の桐谷が、一眼レフカメラを持って、本日結成された“コナン11”を撮影。カメラマンデビューを果たした桐谷は「目線もらって良いですか?」とノリノリで全員を激写した。最後には桐谷も大ヒットの前祝いとして用意された特製コナントロフィーを持って“コナン11”に加わり、全員でフォトセッション!

大勢を巻き込んだ超劇場型計画犯罪にコナンがどう挑むのか? 観客として参加して、彼らの活躍をその目で確かめてほしい。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報