大穴は虫型アンドロイド!? “サンリオ総選挙”で見つけた不思議キャラ

アイスの食べすぎでお腹を冷やした「ぽんぽんひえた」など、個性的なキャラがずらりと集結
  • アイスの食べすぎでお腹を冷やした「ぽんぽんひえた」など、個性的なキャラがずらりと集結

ハローキティやマイメロディなど、キュートなサンリオキャラクターのなかから人気№1を決める恒例イベント「サンリオ☆キャラクター大賞」が今年も開催されることになった。今回は総勢100体ものノミネートキャラのなかでも、ひと際個性的なキャラクターをピックアップして紹介したい。

参加キャラの顔ぶれを見ていくなかで、まず最初に記者が引っかかったのが「ビートロイド」という昆虫のキャラクター。“人間の言葉を理解できる高性能昆虫型アンドロイド”という設定で、デザインもクールでかっこいい! しかも、投票への意気込みを聞かれると「まだサンリオの仲間としては未熟ですが、どうぞよろしくお願いします!!」といった礼儀正しいコメントまで発し、特異な存在感を思う存分発揮していた。

続いて紹介するのは、苦しそうな表情が印象的な「ぽんぽんひえた」。その名のとおり、アイスの食べすぎでお腹が冷えてしまった丸坊主の少年で「アタリ出るかな~?」が口癖だそうだ。

この他にも、“海ぼうずの赤ちゃん”という設定の「プワワ」や、珍しいお婆ちゃんキャラ「ウメ屋雑貨店」、文明開化のために渡仏し、フランス文化にどっぷりはまった2人の侍「カルチャーショック」といった、個性の光るキャラも勢ぞろい。本命キャラと比べると苦戦は必至(!?)だろうけど、ついつい応援したくなってしまう。

なお「2012年サンリオ☆キャラクター大賞」は8月19日(日)までの期間中、公式サイトや全国のサンリオショップ(一部の店舗を除く)で開催されていて、パソコンや携帯電話、いちご新聞6月号に付いている応募用紙を使って投票できるようになっている。

ちなみに昨年の投票総数は36万1934票で、1位のマイメロディから順に、リトルツインスターズ、ハローキティ、ポムポムプリン、シナモロールらがランクインする結果となった。

今年は6月29日(金)に中間報告が実施されるほか、サンリオピューロランドやアメーバピグ内の「サンリオキャラクター広場」などで、コラボイベントも続々開催予定(結果発表は9月1日)。また、見事1位に輝いたキャラクターにはスペシャル企画も用意されているそうなので、そちらも楽しみに待っておこう。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報