矢沢永吉の愛娘、今秋大型新人ユニットでデビュー!

矢沢永吉の愛娘yoko率いる「the generous」に注目だ!
  • 矢沢永吉の愛娘yoko率いる「the generous」に注目だ!

矢沢永吉の愛娘yokoが大型新人ユニット「the generous(ジェネラス)」のボーカリストとして、今秋エイベックスよりデビューすることが明らかになった。

現在22歳のyokoは、12歳(中学生)から18歳までをL.A.で過ごし、数えきれないほどのスーパースター達のボイストレーナーとして知られるセス・リグス氏に師事した経歴を持つ実力派ボーカリスト。2004年の帰国後からは大学へ通う傍らデビューを目指し、レッスン、ライブ、デモテープ制作などの活動を精力的に行っていた。

the generousとは、全ての音楽の起源と、先人たちのエンタテインメント遺伝子(gene)を受け継ぎ、新しい時代のスタンダード(general)となる音楽/エンタテインメントを生み出すという意味。そしてその名前の通り実現すべく、いよいよ2008年秋、10/29(水)に彼女らの魅力を多面的にアピールするミニアルバムを引っ提げ、満を持してのデビューを飾る。

デビューを迎えるにあたり“フジテレビフラワーネット” TVCMイメージソング(10月〜)、テレビアニメ「スキップ・ビート!」のオープニングテーマといった大型楽曲タイアップや、東京・名古屋・大阪でのライブイベント開催が決定。

偉大なる遺伝子(gene)を継承するyokoを中心とした大型ユニット、the generous。今後の活躍が楽しみだ!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報