DiVAの明暗くっきり! 宮澤佐江が11位、梅田彩佳はジャンプアップで16位

第4回総選挙で11位になった宮澤佐江
  • 第4回総選挙で11位になった宮澤佐江

「AKB48 27thシングル 選抜総選挙」で、DiVAのメンバーの明暗がくっきり別れた。宮澤佐江さんは11位、梅田彩佳さんは16位で選抜メンバー入り、増田有華さんは26位、秋元才加さんは20位でアンダーガールズ入りという結果だったのだ。

2011年に行われたAKB48 22ndシングル選抜総選挙では、シングル選抜入りとなる17位だった秋元さん。今回は20位となったが、「この順位はすごく嬉しいです。私の役目は、努力したことはいつか花開くということを、背中で示す存在になること。順位は皆さんの愛として受け入れています。これからも努力します。ありがとうございました!」と、明るい表情でコメントした。

一方、22位から16位へジャンプアップし、選抜メンバー入りを果たした梅田さんは、「『梅ちゃん、ファンを信じて』とファンの皆さんに言われたときは、申し訳ない気持ちとありがたい気持ちになりました。これから芸能界で頑張っていく中で、楽しいことも苦しいこともあると思いますが、私の足跡を見ていてください!」と号泣。宮澤さんは「本当にありがとうございました。ファンの皆さんの、ひとつひとつの愛や気持ちがとても心に響いています」と、感慨深げな様子だった。

今回は悲喜こもごもとなった選挙だったが、これからもDiVAから目が離せない。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報