今井絵理子、息子との4年間をエッセーに!

明るい登場に場の雰囲気も暖かかった
  • 明るい登場に場の雰囲気も暖かかった

SPEEDの今井絵理子が2/15、東京・新宿の福屋書店にてエッセー「ココロノウタ〜息子と歩んだ4年間、そしてこれから〜」(祥伝社刊、税込1,260円)の発売記念イベントを開催。会場には約1000人のファンが集まり、暖かい雰囲気の中イベントが行われた。

同書は、先天性の聴覚障がいのある息子の礼夢(らいむ)くん(4歳)とのこれまでをつづった1冊。昨年の「24時間テレビ31『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)にてSPEEDの復活と共に明かされた事も記憶に新しい。番組内では伝えきれなかった事、息子とともに歩いた4年間の足跡と、これからの未来についてなどを書き下ろしている。

今井は明るい笑顔を見せながら「同じ境遇のお母さんの本を読んで未来を見出した経験があるため、自分も同じ境遇の人の道しるべになれれば」と執筆の動機を説明。「大切な一冊。息子が大きくなったときに手渡して、感想を聞きたい」とも話し、ソロアーティストとしての活動に話がおよんだ際に見せる、夢や希望に満ちた笑顔がとても印象的であった。

今後の活動として、本につづられている「ゆりかご」「...&smile」「おうちへ帰ろう」「ココロノウタ」などを含む、全13曲を収録したニューアルバム「うたごえ」が、4/29(水)に発売を予定しており、歌うことの喜び、伝えることの使命、愛することの強さを、あるべき姿で表現。また、これまで歩んできた道のりで感じた共生の大切さ、出逢いへの感謝、そしてこれから歩む道に向けての決意が、ありのまま詰め込まれた一作となる予定だ。また、CDに加えてDVDには、収録曲全ての映像を収め、「目と心で聞く音楽」を体現した手話を交えて歌唱しているライブ映像も収めている。

5月にはソロライブ「elly LIVE 2009〜うたごえ〜」を行うことも決定しており、5/23(土)東京・赤坂BLITZ、5/31(日)大阪・なんばHatchにて開催する。詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報