【関西つけ麺王子(7)】今福鶴見・鶴麺「カレーつけそばの魅力とは!?」の巻

カレーつけそばの魅力にウットリの、つけ麺王子=シャンプーハット・てつじ
  • カレーつけそばの魅力にウットリの、つけ麺王子=シャンプーハット・てつじ

「今日は『カレーつけそば』ありますか?」。店に入るなり聞くつけ麺王子=シャンプーハット・てつじ。お目当てのメニューがあるとわかり「これにありつけるのは、ナンバーズ3当選くらいの幸運やで!」と顔をほころばせる。

今回訪れたのは、大阪・今福鶴見で「カドヤ食堂」と共に人気を集めている「鶴麺」。「Everyday Goodnoodle」のキャッチが書かれたユニフォームが背中にまぶしい店主が、牛すじカレーつけそば(ミニごはん付き)980円(限定20食)を差し出した。

「カレーVS麺でいつもカレーが勝つと思ったら大間違い。ここのカレーは優しく麺を包む羽毛のよう。あくまで麺が主役やねん」と王子まで優しく甘い目に。料理が運ばれ、勢いよくすすり出すかと思いきや、じっくりと味わっている。「すするだけがつけ麺じゃない。これは麺を食し味わうためのメニューなんです」と時間をかけてツルリ。

シメはスープ割りでなく、ご飯を入れて完食。「あくまでスープを楽しむためのご飯です。カレーライスと勘違いしないよーに!」と、大満足の王子なのでした。

(関西ウォーカー編集部/薮 伸太郎)

「鶴麺」
住所:大阪市鶴見区鶴見5-1-9
時間:11:30〜15:00(LO)、18:00〜翌1:30(LO)
休み:水曜
席数:14席(カウンター14)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報