『るろうに剣心』レッドカーペットで、武井咲が佐藤健にホレボレ「剣心、格好良かったですよ」

『るろうに剣心』完成披露イベントに登壇した佐藤健と武井咲
  • 『るろうに剣心』完成披露イベントに登壇した佐藤健と武井咲

1994年から週刊少年ジャンプで連載され、男性だけでなく、女性からも圧倒的な支持を集めた大人気コミックを実写映画化した『るろうに剣心』(8月25日公開)。完成披露イベントが6月27日(水)、六本木ヒルズアリーナで開催され、佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、田中偉登、江口洋介、そして大友啓史監督が、晴れ晴れしい表情でレッドカーペットを闊歩。集まった大勢のファンを前に、主役の剣心を演じた佐藤は「すごい映画ができちゃいました!」と喜びをあらわにした。

明治維新を機に“不殺(ころさず)の誓い”を立てた伝説の刺客・緋村剣心が、大切な人たちを守るために新たな戦いに挑む姿が描かれる。佐藤は並々ならぬ意欲で、剣心役にチャレンジ。見応えたっぷりのリアルなアクションシーンを披露する。「子供の頃からこの漫画を読んでいて、剣心が大好きだった。僕の中に、『剣心はこうあってほしい!』という理想像があって、その理想の剣心を演じさせてもらいました」と胸を張った。

気は強いが、心優しいヒロイン・薫役の武井は「剣心、格好良かったですよ」と、佐藤を絶賛。そして「薫の素直さ、健気さが、演じていて愛おしかった」と、自らの演じた役柄の魅力を語った。蒼井は妖艶でミステリアスな役柄で、新たな魅力を発揮。蒼井が「『龍馬伝』からのメンバーはチームワークができていたので、武井さんに一日でも早くリラックスしてもらいたかった」と、先輩としての気遣いを見せると、佐藤がすかさず「武井さんは偏食なんだよね。武井さんが食べられるものを、大人たちが探しました」とコメント。蒼井が「結果、うどんがあれば大丈夫だったんだよね」と言うと、武井も「だって、スッポンが出たんですよ! ハードル高くないですか!?」と笑い合うなど、仲の良い様子を見せた。

メガホンを取るのはNHK大河ドラマ「龍馬伝」の大友啓史監督。「見たことのない作品になった。どんなに期待してもらっても、それ以上にびっくりしてもらえる自信があります」と太鼓判を押した。最後に、佐藤は「とにかく全員で一生懸命やって、それを大友監督がまとめてくれて、僕らの頑張りに報いてくれたら、すごい映画ができちゃったなと。日本映画界にとっても大きい作品なんじゃないかな。大友さん、すごい!」と監督に敬意を表すると、会場からも拍手が沸き起こった。続けて「その世界に自分がいることが心から幸せです。是非、その気持ちを皆さんとシェアできたら良いなと思います」と心を込めてコメント。大盛況のイベントを締めくくった。

またこの日は、「“るろう人を探せ!”全国横断キャンペーン」の出陣式も開催。若手俳優の長尾卓也が“リアルるろう人”に扮して全国を回るといい、メンバー一同がキャンペーンカーにメッセージを書き込み、“リアルるろう人”を全国の旅へと送り出した。豪華キャストにより実現した待望の実写映画化。迫力のアクションシーンは必見! 激動の時代を生きる人々、それぞれのドラマも心を揺さぶるはずだ。是非、彼らの熱き戦いをスクリーンで見届けてほしい。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報