洋楽不況の中、グラミー賞効果炸裂!

大ヒット曲満載のコンピCDだけにお買い得だ!
  • 大ヒット曲満載のコンピCDだけにお買い得だ!

世界最大の音楽の祭典「第51回グラミー賞授賞式」が2/8(日本時間2/9)にロサンゼルスのステープルズ・センターにて開催されたのを受け、現在コンピレーション「グラミー・ノミニーズ 2009」が売れている。

洋楽CDの販売が減少傾向にある中、早くも7万枚を突破し、2/23付オリコン総合アルバムランキングでは先週の11位から8位へとジャンプアップした。

1995年にスタートした“グラミー・ノミニーズ”シリーズのオリコン総合アルバムチャートでのTOP10入りは2004年版「グラミー・ノミニーズ 2004」の8位以来5年ぶりのこと。

「最優秀レコード賞」、「最優秀アルバム賞」を含め、ノミネートされた5部門すべてで受賞したロバート・プラント&アリソン・クラウスの「プリーズ・リード・ザ・レター」や「年間最優秀楽曲賞」、「最優秀ロック・アルバム賞」、「最優秀ポップ・パフォーマンス賞」の3部門を受賞したコールドプレイ「美しき生命」、「最優秀新人賞」を受賞したアデルの「チェイシング・ペイヴメンツ」他、今、話題の曲だけを収録した内容で、洋楽不況とはいえ、洋楽に興味がない訳ではないという事を証明した形だ。

携帯などにお金を使い、CDを何枚も買えない中、本当に売れたヒット曲だけが収録されているコンピレーション「グラミー・ノミニーズ 2009」は、若者には手頃な商品なのかもしれない。そして、洋楽離れが叫ばれる今、洋楽入門CDとしても良い商品なのではないだろうか。

キーワード

[PR] おすすめ情報