光のリングに包まれた“ライトダウン・スカイツリー”展望台に潜入!

ライトダウンされた天望デッキに光の輪が。戸矢俊輔くんは光のリングをアレンジ
  • ライトダウンされた天望デッキに光の輪が。戸矢俊輔くんは光のリングをアレンジ

東京スカイツリー(R)は環境省主催の「ライトダウンジャパン2012」の主旨に賛同し、7月7日(土)20時から22時までの間ライトダウンを実施した。その際、展望台に天の川のようなきらめきに満ちた世界をお客さんとともに作ろうと、来場者に光のリング(発光性のリング)が配られ、スカイツリーの天望デッキと天望回廊が光のリングに包まれた。

当日開催されたのは「みんなでつくろう♪キラ☆キラ☆天の川イベント」。来場者にはオレンジと黄色の発光リングが配布された。偶然チケットが当たって、七夕というロマンチックな日に天望デッキへ来たという足立京さんと桜井一貴さん(東京)のカップルに話を聞くと、「天気が悪かったのは残念ですが、来られて良かったです。ソラマチの人の多さにびっくりしました!」(足立さん)、「雲が下にあるという、飛行機に乗っているような。忙しい日々を忘れられる体験ですね」(桜井さん)と満足した様子。発光リングを着用して、七夕の日を仲良く過ごしていた。また、家族で訪れていた戸矢俊輔くん(千葉)は、発光リングを大胆にアレンジしたスタイルで明るい笑顔をみせてくれた。

東京スカイツリー展望台(天望デッキ350m、天望回廊450m)およびスカイツリータウンでは、七夕の日、雨というあいにくの天気だったが、たくさんの笑顔が見られた。スカイツリータウンへの来客はオープン後1か月で累計581万人、展望台は40万人台とのこと。特にスカイツリータウンの来場は予想を倍以上の数字をたたきだしている。今回のようなイベントやソラマチ初のバーゲンなどが、来場者の満足度を高めているようだ。

今後も、季節毎のイベントを予定しており、直近では7月28日(土)、隅田川の花火大会に伴う“東京スカイツリー特別入場券”の抽選販売にも注目が集まっている。申し込みは7月10日(火)までなので、オフィシャルホームページをチェックしてみよう。なお、7月11日からは展望台入場券の当日券の販売も開始するので、まだ登れていない人は狙い時だ!【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報