獰猛なマッチョたちが野に放たれた!?超ワイルドな弓兵集団がすごい!

見よ、このワイルドな暑苦しさ!全員濃いキャラばかり
  • 見よ、このワイルドな暑苦しさ!全員濃いキャラばかり

キャラの濃い屈強な男たちが自分を殺そうと追いかけてきたら、あなたはどうするだろうか?逃げるこちらに向かって弓矢の雨を降らせてきたら?しかも、彼らが諦めることは絶対にないとしたら?そんな悪夢のような状況下でのチェイスシーンが派手に展開されるアクション映画『神弓 KAMIYUMI』が、8月25日(土)より公開される。

見どころは、映画の中盤で描かれる一人VS複数の無制限耐久チェイス。その中で、一際目を引くのが、前述の走って追いかけてくる弓士集団なのだ。この10人の集団、どいつもこいつもワイルドでマッチョな男ばかり。獰猛な獣ともいうべき男臭い面々だが、意外にも愛らしい髪型をしている。いわいる弁髪スタイルで、後ろ髪は伸ばしつつも、前頭部は基本的に坊主。なかには前髪を伸ばす者や、モヒカン風に髪を残す者もいて、随分と個性的だ。そんな彼らが追ってくる姿は、想像だけでも、かなり迫力があって、暑苦しいことがわかるだろう。

本作の物語の舞台は李氏朝鮮時代の朝鮮半島。1636年に起こった「丙子(へいし)の乱」によって運命を翻弄された兄妹を描く。丙子の乱とは清が李氏朝鮮に侵入し、およそ50万の朝鮮人を捕虜として強制連行した事件のことだ。動乱の中、妹を捕虜として捕らえられた主人公ナミが、父の形見「神弓」を手に、たった一人で追跡の旅へ出る、というのが本作のストーリー。『殺人の追憶』(03)、『グエムル 漢江の怪物』(06)などのポン・ジュノ作品で強烈な演技を見せたパク・ヘイルが本作でも好演を見せている。昨年、800万人もの観客を動員し、韓国No.1ヒットとなった歴史アクション大作だ。

特徴的な髪型をしていて、男気にあふれたマッチョで、仲間の絆を大切にする。そんな彼らから沸き立つ男臭さを、是非劇場のスクリーンで堪能してもらいたい。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報