映画

サミュエル・L・ジャクソンが来日!「オリンピックの次は『アベンジャーズ』を見よう!」

MovieWalker 2012年8月14日 19時48分 配信

すべての写真を見る(16件)
最強ヒーローたちが勢ぞろいし、“100年に1度の映像プロジェクト”とも言われるアクション超大作『アベンジャーズ』がいよいよ日本上陸!日本公開初日となる8月14日(火)に、六本木ヒルズアリーナでジャパンプレミアが開催され、秘密組織シールドの長官ニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソン、ジョス・ウェドン監督、プロデューサーのケビン・ファイギが来日。日本語吹替版で声優を務める竹中直人、米倉涼子と共にレッドカーペットに登場した。レッドカーペットには来日を待ちに待ったファンが集まり、キャストたちはサインや握手で応えた。サミュエルが「トウキョー、アリガトウ!オリンピックノツギハ『アベンジャーズ』ヲミヨウ!」と日本語で盛り上げると、会場から大きな歓声が上がった。

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクなど、それぞれが映画の主人公として活躍してきたキャラクターが、地球の危機を前に一つのチームとして結集。迫力満点のアクションを繰り広げる本作。サミュエルは「日本の観客は僕にとって、最も素晴らしい映画の観客だよ。映画のクオリティをよくわかっている。『アベンジャーズ』を楽しんで、気に入ってもらえるととても嬉しい!」と胸を張った。日本語吹替版でサミュエル演じるニックの声を担当している竹中は、サミュエルを前に「存在自体に迫力がある!」と大興奮。続けて「僕の大好きなサミュエルさんの声をできるなんて、夢のような時間を過ごさせてもらった。サミュエルさんには失礼だけど、是非、日本語吹替版でも見てほしい!」と熱っぽくコメントし、サミュエルが「彼の出演作を見て、素晴らしい俳優だと知っていた。間違いなくキャラクターに深みを与えてくれていると思う。僕も早く吹替版を見たいよ!」とほめ称えると、竹中も嬉しそうな表情を浮かべていた。

スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの声を担当しているのが米倉。「冷静さと頭の回転の速さで対応できる、男らしく、かつセクシーな女性を頑張って演じました」と振り返った。そんな米倉を見て、ジョス監督は「もう、スカーレット・ヨハンソンって誰ですか?って言うくらい、米倉さんが美しい!」と茶目っ気たっぷりに語り、ケビンも「是非、直接お話したい。スカーレットが脚を折るか、バケーションを取ることもあると思う。そういった時には米倉さんの携帯が鳴るかもね」と笑顔を見せ、会場の笑いを誘っていた。

最後に米倉は「一人でも映画になっちゃうようなヒーローたちが集まるわけですから、それはとてつもないパワーを持っている。ニューヨークの街が壊されるシーンは、『どうやって修復するの!?』っていうくらい、そのスケールに驚いた!」と見どころを熱く語ってくれた。まさに盆と正月が一緒にやってきたような興奮が味わえるアクション超大作。既に世界歴代興行収入は14億5598万ドルとなり、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を超えて世界第3位の位置につけている。最も遅い公開となった日本でも大暴れできるのか!?是非ともスクリーンで“最強の力”を体感してもらいたい!【取材・文/成田おり枝】

アベンジャーズ

2012年8月14日(火) 公開

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー…。強大な敵から人々の平和を守ってきたヒーローたちが集結し、未知なる敵に立ち向かう姿を描いたアクション大作。ア...

おすすめ情報