レディー・ガガ、フォーブス誌が選んだ“世界で最もパワフルな女性100人”に3年連続最年少でランク入り!

3年連続最年少でランク入り
  • 3年連続最年少でランク入り

毎年恒例のフォーブス誌が選んだ“世界で最もパワフルな女性100人”が発表され、26歳のレディー・ガガが3年連続で最年少ランク入りという快挙を成し遂げた。

1位から3位までは昨年と変わらず、政治家がランクイン。1位はドイツのアンゲラ・メルケル首相、2位はアメリカのヒラリー・クリントン国務長官、3位はブラジルのジルマ・ルセフ大統領、そして7位にはアメリカのミシェル・オバマ大統領夫人といった具合に、政治家や実業家、財界人といったそうそうたるメンバーが名を連ねる中、レディー・ガガはセレブリティ部門としては、テレビ司会者、実業家など多彩な顔を持つ11位のオプラ・ウィンフリーに1位の座を譲ったものの、アーティストとしては堂々1位、総合14位にランク入りしている。

トップ100人には、20歳代から70歳代までのパワフルな女性たちが名を連ねているが、20歳代はガガと、100位にランクインした現在のカタールの王族アル=サーニ家の首長の長女(29歳)のふたりのみということを考えると、ガガのパワーのすごさがわかるというものだ。

他には、32位にビヨンセ、38位にジェニファー・ロペス、40位にシャキーら、シンガーが名を連ねており、女優としては66位にアンジェリーナ・ジョリー、75位にソフィア・ベルガラがランクイン。78位には『ハリー・ポッター』シリーズで大成功を収めた作家のJ.K.ローリング、そして83位にはスーパーモデルのジゼル・ブンチェンが名を連ねている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報