織田裕二が深々とお辞儀!『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』完成披露試写会で大歓声

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』完成披露で登壇した織田裕二たち
  • 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』完成披露で登壇した織田裕二たち

メガヒットシリーズの最終章『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(9月7日公開)の完成披露試写会が、8月23日に東京国際フォーラムで開催。織田裕二率いるキャスト陣と、本広克行監督、脚本家の君塚良一らが集結した。割れんばかりの歓声が沸き起こる中、織田の第一声は「お久しぶりです」だった。「前都知事と同じ名前の青島です。青島がよそ行きの服を着たらどうなるか。そのテーマでこの服を選びました」と、お茶目に語った。

登壇したキャストは、織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、佐戸井けん太、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、小栗旬というそうそうたる顔ぶれ。織田は「みんなでかみしめながら作った最後の映画です」と言うと、柳場も感慨深い表情で「皆さんと共にお祭り騒ぎをしましょう」と声をかけた。深津も「これほど長い間、多くの人を楽しませてくれた作品です。本作も気に入っていただけると嬉しいです」と笑顔で語った。

ムードメーカーのユースケは「元東方神起、今BIGBANGのユースケ・サンタマリアです」とノリノリに挨拶。その後、「フィナルとか最後とか聞くとさみしくなっちゃうけど、熱い署名運動のおかげで、『所長 真下正義』が決定するかもしれません。今後の皆さん次第です」と、ユースケ節を炸裂させた。また、小野や斉藤とのスリーアミーゴスとしてお馴染みの北村は、「僕たちがずっと出てこられたのは、ファンの方の後押しがあったおかげです」と感謝の言葉を口にした。

最後にフォトセッションが終わった後、織田が再び会場に現れ、深々とお辞儀をした姿が何とも印象的だった。第2作目『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(03)は173.5億円というぶっちぎりの興行収入を打ち立てた『踊る』シリーズだし、ファンが待ち望んだ最新作ということで、その思いもひとしおだ。ストーリーの鍵を握る犯人役に、SMAPの香取慎吾を迎えた最終章も心踊る作品となったに違いない。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報