「役者の皆さんはすごい!」原作者・花沢健吾氏が「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の最終回に出演!!

ボクサー役で“ドラマデビュー”を果たした原作者の花沢健吾氏(写真左)
  • ボクサー役で“ドラマデビュー”を果たした原作者の花沢健吾氏(写真左)

テレビ朝日系で、9月7日(金)に最終回を迎える「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に、原作者である花沢健吾氏が出演していることが分かった。櫻田ジムの練習生役で登場し「ドラマの出演なんて初めてだったのですごく緊張しちゃいました!(笑)。役者の皆さんはすごいなあと改めて感心しました」と、初のドラマ撮影を振り返った。

最終回のあらすじは、借金取りに追い詰められた大巌源(RED RICE)が、妻の花(平愛梨)を風俗に差し出そうと画策。そんな源を止めようと田西(丸山隆平)は再び源に立ち向かうことを決意。しかし、日本タイトルにも手が届きそうだったほどのボクシングの実力を持つ源に、田西は手も足も出ない…。フラフラになりながらも「自分が負けって認めない限り、負けじゃない」と言い聞かせて戦い続け、ついに源を倒すことに。そして無事、花と源の離婚が成立し、花が立て替える形で借金も返済。晴れて田西と花は正式に付き合うことになる。そんな中、修(浦上晟周)の誕生日が近づき、田西は家庭環境が複雑な修のために何か気の利いたものをプレゼントしたいと考える。しかし、修と父親の秀彦(宇梶剛士)の間にもある事件が発生し、田西らは“大切なモノ”を守るために修の自宅へ向かう。そんな二人に思いがけない出来事が降りかかる…。

激動の最終回に登場した花沢先生は、慣れないバンテージを手に巻いてスタンバイ。撮影が始まると監督からの演技指導(?)に熱心に耳を傾け、その甲斐あってか花沢氏の出演シーンは一発OKを決める。役者デビューを果たした花沢氏は「自分の作品がこうやって形になっていくのを見るのは、やっぱりうれしいものですね。どんどん丸山さんが田西になっていくのを見ると不思議な気持ちになりますし、キャラクターが息づいていくのを見るのが楽しみでしたよ」と照れくさそうに語りつつ、「自分が出ているシーンを見るのは照れくさいけど、最終回は楽しみに見たいと思います!」と笑顔でアピールした。

金曜ナイトドラマ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
9月7日(金)夜11:15-0:15 
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送日時が異なる

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報