愛らしい黒猫たちが魅力の『くろねこルーシー』に羽鳥慎一ら著名人から絶賛コメント到着

猫好きにはたまらない、猫の愛らしい姿が見られる『くろねこルーシー』
  • 猫好きにはたまらない、猫の愛らしい姿が見られる『くろねこルーシー』

山本耕史主演の連続テレビドラマの前日譚を、塚地武雅主演で描いた『くろねこルーシー』(10月6日公開)。生後50日の人懐っこくて愛らしい黒猫たちが登場する本作を鑑賞した著名人からコメントが到着した。

見る者の心をほっこりと温かくする、そして、まさしく猫の手を借りて、そっと背中を押してくれるかのような、前に踏み出すきっかけを与えてくれる本作。猫好きはもちろんのこと、そうでない方の心までもきっと虜にするだろう。

フリーアナウンサーの羽鳥慎一は「『人間ってきっかけなんだな』という主人公の言葉が響きました。可愛い猫たちに癒されながら、自分の人生について考える。自分の生き方を見つめ直す。自分の仕事について考える。自分の家族を思い直す。そんな“きっかけ”になる映画だと思います」とコメント。同じくフリーアナウンサーの中田有紀は、「ミステリアスな黒猫には、その水晶体のような丸い目で全てを見通しているような不思議な力さえ感じます。ルーシーたちに心ほぐされる、ただ可愛いだけじゃない映画!」と語る。また、モデルの富岡佳子は「『自分を信じることができたなら、周りもきっと幸せにできるんだよ!』って、黒猫ルーシーがそっと教えてくれる映画でした」と猫の魅力を話してくれた。

猫好きだという女優の高橋惠子は、「猫が人間に与えてくれるパワーはすごいんだぞと代弁してくれるような映画でした。そして、塚地さんの何ともほのぼのとした演技に優しい気持ちになれました」と評価し、猫と向き合う機会も多い「ねこのきもち」編集人の渡邊恵子は「何げない日常のなかで、人の成長あり、親子の絆あり、そして、ちょっぴり勇気づけられてポワッと温かくなる映画でした。思わず、心がキュンとなる。 こういうの、好きです」、モデルの前田典子も「『大丈夫、猫もそう言ってます』と勇気づけてくれるこの作品に癒されます。猫のふり見て、我がふり直せ、家族との絆、ペットへの愛情、人を思うや優しい気持ちを気付かせてくれる映画です」と絶賛だ。

本作『くろねこルーシー』の公開を記念し、映画の後日談となるドラマ「くろねこルーシー」の全12話無料配信キャンペーンもニコ動チャンネルで実施中。「くろねこルーシー」の世界観により深く浸るために、映画を見る前に是非ドラマをチェックしておきたい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報