あっちゃんがジャイアンリサイタルで“ヘビロテ”にノリノリ!トヨタ「ドラえもん」実写化CM第8話がオンエア

「ドラえもん」実写化新CMは、ジャイアン(小川直也)・ジャイ子(前田敦子)兄妹が初共演!
  • 「ドラえもん」実写化新CMは、ジャイアン(小川直也)・ジャイ子(前田敦子)兄妹が初共演!

ドラえもんの20年後を舞台に、お馴染みの登場人物を実写化した、トヨタ自動車の人気シリーズの新TV-CMが9月7日(金)から公開! 今回はジャイアン・ジャイ子兄妹のシリーズ初共演。さらに、ジャイ子役の前田敦子さんがAKB48の大ヒット曲「ヘビーローテーション」をノリノリで踊るシーンが見どころだ。

第8話目となる「ジャイアンジャイ子の芸術の秋」篇は、小川直也さん演じるジャイアンと、先日AKB48を卒業したばかりの前田敦子さん演じるジャイ子兄妹の初共演が実現。芸術の秋に漫画家“クリスティーネ剛田”として不思議な絵の個展を開くジャイ子と、自身が店長を務めるスーパーで、漫画でお馴染み“ジャイアンリサイタル”を開くジャイアンの兄妹を中心とした内容だ。

CMのテーマは“芸術の秋”。とある美術館に「クリスティーネ剛田展」を見に来たのび太(妻夫木聡さん)とドラえんもん(ジャン・レノさん)。少し変わった絵を見つけ「何だ、こりゃ」と戸惑う2人に、「プリウスよ」と現れたのはジャイ子とジャイアン兄妹。その絵を前に「お前は絵がうますぎる」とつぶやくジャイアン。普通の美的感覚とは少し異なる兄妹の姿が描かれる。

舞台は変わって、ジャイアンが勤めるスーパーへ。緑色のアフロのかつらをかぶり、派手な衣装を身にまとったジャイアンは、漫画と変わらぬ「剛田たけしリサイタル」の真っ最中。マイクを持って「ヘビーローテーション」を歌うジャイアンに、ジャイ子は「イエーイ!!」とノリノリ、楽しそうに踊っている。対するのび太とドラえもんはジャイアンの強烈な歌声に耐えられず、漫画に出てくる道具“通り抜けフープ”を使って逃げ出してしまう…というストーリーだ。

今年6月に撮影をしたという同CM。初共演を果たした小川直也さんと前田敦子さんは「優しく接していただいて、こんなお兄さんが欲しい」(前田さん)、「実際にこんなに可愛い妹がいたら…最高です!」と、お互い好印象だった様子だ。

撮影の中でも、小川さんは「ヘビーローテーション」を歌うシーンが特に緊張したそう。「スタッフの方に事前に踊りの指導を受けましたが、やってみるとかなり大変。正直、リングに上がる時よりも緊張しました!」と話した小川さんだったが「いざ歌ってみると、だんだん気分が乗ってきて、最終的には気分良く踊って歌えました(笑)」と意外とノリノリだったことを告白。そんな“ジャイアンリサイタル”を見た前田さんは「小川さんはAKBとは違う迫力があって、面白かったです!」とコメントした。

昨秋から展開している同CMシリーズは、国民的キャラクター・ドラえもんの20年後を舞台にしたもの。ドラえもんの20年後という題材はもちろん、ジャン・レノさんや妻夫木さん、水川さんなどの豪華キャストで実写化したCMで大きな話題となった。ジャイアン・ジャイ子兄妹出演の新CMは9月7日(金)から、一部を除く日本全国で放映予定。9月に入ってもまだまだ暑い日が続くが、同CMでひと足早い“芸術の秋”を楽しんでみて!【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報