ブルース・ウィリス×ジョゼフ・ゴードン=レヴィット共演『LOOPER』の日本公開日決定

『LOOPER ルーパー』で現代のジョーを演じるジョゼフ・ゴードン=レヴィット
  • 『LOOPER ルーパー』で現代のジョーを演じるジョゼフ・ゴードン=レヴィット

ブルース・ウィリス×ジョゼフ・ゴードン=レヴィット共演のSFアクション『LOOPER』(全米9月28日公開)の邦題が『LOOPER ルーパー』として、2013年1月12日(土)に日本公開日されることが決まった。

近未来、タイムマシンは開発されていたものの、その使用は禁じられていた。だが、犯罪組織は法の目をかいくぐり、証拠を残さずに敵を消し去りたい時に、その標的を30年前に転送するのだ。ルーパーと呼ばれる暗殺者の元へ。ルーパーは指定された場所で標的が転送されるのも待ち、ただ銃の引き金を引くだけ。いつも通りの単純な仕事のはずだった。だが、ある日、凄腕ルーパーのジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)の元に、ある男が送られて来る。何とその男は、30年後の自分(ブルース・ウィリス)だったのだ。驚愕と混乱で引き金を引くことを躊躇ったジョー。そのふいをつき、未来のジョーは街へと消えていく。「奴を殺さなければ、自分が消される」、そう考えたジョーは未来の自分を必死に追跡する。そして、ようやく追い詰めた時、“未来の自分”から、彼がここへ来た驚くべき理由を聞かされるのだった。

現代のジョーを演じるのは、『インセプション』(10)、『ダークナイト ライジング』(公開中)に出演し、ハリウッドの主役級俳優の地位を固めつつあるジョゼフ・ゴードン=レヴィット。彼が遭遇する未来のジョーを、ハリウッドを代表するアクションスター、ブルース・ウィリスが演じる。若手とベテランの人気実力派俳優ふたりが、自分対自分として対決するという新しい世界観の中で、予測不可能なストーリーが展開される。

現地9月6日より始まった第37回トロント国際映画祭で、本作がオープニング作品として初披露された。プレミア上映に先立って開催された公式会見には、ブルース・ウィリス、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラント、ライアン・ジョンソン監督が登壇。ブルースは「これは他のどのSFとも比較できない、今までにない映画。脚本も練られていて、とても賢い内容だ」と紹介した。ジョゼフも「この映画は娯楽を与えつつ、その後に何か考えさせる素晴らしい映画だ」と自信を見せた。また、本作が初の披露となるプレミア上映では、上映を待ちわびる満席の観客の前に、ライアン・ジョンソン監督とジョゼフ・ゴードン=レヴィットが登場。ジョゼフは興奮気味の様子で、「今回、初めて一般の人にこの映画をみてもらう機会なので、興奮が抑えられない!」と語り、観客を沸かせていた。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報