テンションアゲアゲの青島刑事が日比谷を“封鎖”!!

詰め掛けたファンにあいさつする織田裕二
  • 詰め掛けたファンにあいさつする織田裕二

映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」(公開中)が、9月7日、初日を迎え、出演者たちが東京・日比谷でレッドカーペットアライバルを行った。

平日の昼間にも関わらず、大勢の“踊る―”ファンが見守る中、織田裕二、柳葉敏郎、ユースケ・サンタマリア、内田有紀、小泉孝太郎、北村総一朗、斉藤暁、水野美紀、小栗旬、香取慎吾、本広克行監督、脚本を担当した君塚良一氏が登場し、ファンと公開初日を迎えた喜びを分かち合った。

同作品は、テレビドラマシリーズ「踊る大捜査線」の映画版第4弾にして、最後の作品。織田演じる青島刑事をはじめとした刑事たちの活躍を描いた人気シリーズで、この作品をもって15年の歴史に幕を閉じる。青島刑事(織田)が務める湾岸署管内で国際環境エネルギーサミットが開催され、湾岸署署員たちは警備へと駆り出されていた。そんな中、サミット会場で誘拐事件が発生する…というストーリー。

集まったファンに向け、織田は「お暑い中、集まっていただいて本当にありがとうございます。最っ高にうれしいです! もうご覧になった方?(歓声と共に多くの手が上がる) これからご覧になる方?(さらに多くの手があがる) このあと10回は見るという方?(大歓声) 嘘でもうれしいです!」と会場を盛り上げ、「15年間皆さんのおかげでやってこれました! 劇場で待ってます!!」と感謝の言葉と共に映画のアピールをした。

映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
公開中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報