「京都の中でどう映っているのか早く見たい」山口智充が伝統の“土ワイ”初主演!!

夫婦役を演じる山口智充と中越典子、お互いに初共演の印象は上々のよう
  • 夫婦役を演じる山口智充と中越典子、お互いに初共演の印象は上々のよう

ABC・テレビ朝日系で9月8日(土)に放送される土曜ワイド劇場「京都殺人調書」で、山口智充が主演を務めることが分かった。風情あふれる京都を舞台に、事件を通して人間の情念を浮き彫りにする新作サスペンスで、熱血漢の検事・押忍(おしのぶ)を演じる。土ワイ初主演となる山口は「京都の中で僕がどんなふうに映っているのかを早く見てみたい。出来上がりがすごく楽しみです。そして、皆さんには僕なりの検事役を楽しんでいただければうれしいです」と笑顔を見せる。

今回、山口が演じる押忍検事は、納得がいくまでは起訴状を書かないという姿勢が災いし、地方を転々としてようやく妻・真理子(中越典子)と共に地元の京都に帰って来た。現場にまで足を運び、被害者と加害者の心情を冷静に見詰めるまなざしをもつ、正義感の強い男。検事役初挑戦の山口だが、押忍検事との“共通点”を「押忍と同じで、僕も、何事も自分で調べないと納得できないタイプ。意外と疑り深く、どんなに面倒くさくても、自分で足を運んで、見て納得しないとダメなんです。それが押忍という人間の一番のこだわりでもあると思うので、自分にとってやりやすい役だと感じています」と明かした。

そして、押忍の妻であり、過去に体験した事件のショックで言葉を失ってしまった真里子を演じる中越ともドラマでは初共演。山口は「夢のような結婚生活ですが『ハイ! オッケー!』の一言で夢から覚めてしまうのが哀しい(笑)。何度もNGを出して、何回でもやったろかなと思うぐらい」と、美女との夫婦役を楽しんだ。

一方、中越も山口のことを「“理想の夫役”。夫婦役として、お互いにすてきだなと思っていることが画面に出るといいですね」と、意欲を燃やすしつつ「若いときにショッキングな出来事を経験しているんですが、今はすてきな旦那さんと明るく元気なお母様と一緒に生活することで満たされている、元気ないい奥さん。こういう役柄は今回が初めてなので、手話を勉強させていただきました。真里子と同じように話せなくなってしまった方のお話もお伺いでき、とても凝縮した時間でした」と充実した撮影を振り返った。

土曜ワイド劇場「京都殺人調書」
9月8日(土)夜9:00-10:51
ABC・テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報