ジョージ・クルーニーの広報が異例の破局否定宣言!「破局報道はでっち上げ!」 

破局報道はでっち上げ!
  • 破局報道はでっち上げ!

昨年7月から交際を続けてきたジョージ・クルーニーと元プロレスラーのステイシー・キーブラーとの破局説が報道されたが、ジョージの広報が即座にその報道を否定する声明を発表した。

ザ・サン紙が報じたのは、「ステイシーはジョージとの結婚を望んでいたが、ジョージにはその意志がなかった。ジョージは、また独り身になりたいと考え、数週間前から距離を置くようになった。しかし、ステイシーは落ち込む様子もなく、ニューヨークのファッションウィークを楽しんでいた」というものだった。

それに対して、ジョージの広報がGossipCop.comに対し、「ロンドンのタブロイド紙ザ・サンが報じた、ジョージとステイシーに関する話は真実ではありません。タブロイド紙を売りたいがための全くのでっち上げの話です」と、破局を完全否定した。

ステイシーの前に交際していたエリザベッタ・カナリスとは、約2年間の交際を経て破局したジョージは、1年から2年ごとに恋人との関係が終わっているため、破局報道には慣れたもの。あまりまじめに取り合わないようだが、今回はきちんと広報を通じて破局を否定しており、まだまだ交際は順調のようだ。とはいえ、独身主義が変わったのかは不明で、引き続き今後のふたりの動向からは目が離せない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報