『シュガー・ラッシュ』の挿入歌はAKB48が歌う秋元康の書き下ろし楽曲に決定!

『シュガー・ラッシュ』の本編挿入歌とエンディングソング、サントラに起用されたAKB48
  • 『シュガー・ラッシュ』の本編挿入歌とエンディングソング、サントラに起用されたAKB48

ゲームの世界でヒーローになりたい悪役たちの奮闘を描いた『シュガー・ラッシュ』(2013年3月公開)の本編挿入歌とエンディングソング、サントラに、AKB48の楽曲「シュガー・ラッシュ」が起用されることがわかった。これまでもディズニー映画に日本人アーティストの楽曲が挿入されたことはあったが、今回のようにアメリカをはじめ、世界中で公開されるバージョンでエンディングソングとして、しかも書き下ろし楽曲が使用されるのは初めてのこと。また、AKB48としても世界中で公開する映画での楽曲起用は初めてとなる。

先日開催された世界最大級の映像の祭典、コミコン2012で本作の情報が一部解禁となり、音楽ファンのみならず、世界中のメディアから、サントラ楽曲に早くも注目が集まっている。その理由として、現代エレクトロの寵児と騒がれ、本年度グラミー賞ではエレクトロニカ・アルバム賞をはじめ、全3部門を受賞、また最優秀新人賞にもノミネートされたスクリレックスの参加が決定。その他にもドリーミー・エレクトロポップと評され、先日発売されたアルバムがiTunes Japanで1位に輝くなど、世界中でヒットを記録中のアウル・シティー。また『くまのプーさん』(11)から『キック・アス』(10)まで幅広い映画音楽を手がけるヘンリー・ジャックマン、世界的人気アーティストのリアーナなど、次世代ミュージックシーンを担う決定版サントラとなっているからだ。

今回、ディズニーが“お菓子だらけのファンタジーなゲームの世界感”を作り上げるため、日本のアイドルブームを牽引し続けてきた秋元康に熱烈オファー。本作のテーマソングとも言える「シュガー・ラッシュ」は、秋元自らが詞を書き下ろしている。

楽曲参加について、メンバーの高橋みなみ、大島優子、渡辺麻友は「アメリカで11月に公開されるディズニーのアニメーション映画『シュガー・ラッシュ』に私たちAKB48が楽曲参加することになりました!私たちが歌ったのはこの映画用のオリジナル楽曲『シュガー・ラッシュ』です。この曲は映画の中のあるシーンでも使われています!!世界の一流アーティストの皆様と一緒にディズニー映画に参加できてとっても嬉しいです」と喜びのコメントを寄せた。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報