自身のルーツを披露!アディダスWEB限定映像できゃりーぱみゅぱみゅが“マジ語り”!

きゃりーぱみゅぱみゅが、アディダスのWEB 限定映像で超マジに語る
  • きゃりーぱみゅぱみゅが、アディダスのWEB 限定映像で超マジに語る

アディダスの2012年秋冬キャンペーンで公開されるWEB限定の映像にきゃりーぱみゅぱみゅが登場。同映像では一風変わったダンスシーンはなく、原宿を超マジに語りながら歩く、クールでキュートなきゃりーぱみゅぱみゅの姿が見られるのだ。

同キャンペーンのWEB限定映像には、きゃりーぱみゅぱみゅ、ILMARI(RIP SLYME/The Beatmoss)、綾小路翔という若者のカルチャーをリードする個性あふれるメンバーが登場。永遠の定番スニーカーであるアディダス「SS」を着用し、それぞれがゆかりのある街<原宿・渋谷・高円寺>のお店や馴染みのストリートを歩き、思い出を語りながら自身が作り上げられてきたルーツを辿っていく、という内容だ。

「原宿は2番目の私が生まれた場所」「やりすぎぐらいがちょうどいい」。

きゃりーぱみゅぱみゅの実に印象的な名言が出ているが、「私の良さって、たぶんあまり万人受けしないので、別に着たい服を来ているだけなので、もちろん賛否両論もあるし、なんかファンの人とかですごい好きな人は好きって言ってくれるんですけど、私のお洋服とかわからない人にはたぶん一生わからないと思うんで、そこは別にあまり周りを気にせず、自分のやりたいこと、着たい服を着て、楽しみたいなと思います」と自分のこだわりを忘れない、大事なスピリットを“マジ語り”している。

同作品は、アーティストが“自分とは違う他人を認めた瞬間”や“アーティストを目指した原点となる場所”などを語る姿を記録し、多くの若者へ向けた力強いメッセージ性が感じられるクールな内容。綾小路翔やILMARIも、それぞれ歩んできた道を振り返り、印象的なメッセージを発言しているので、ぜひともお見逃しなく。

なお、同キャンペーンサイトでは、オムニバス版を含めて全12本のキャンペーンフィルムを公開。きゃりーぱみゅぱみゅ、ILMARI、綾小路翔の3名に加え、ヒューマンビートボクサーのAFRA、ダンスユニットのBEAT BUDDY BOI、スケーターの荒木塁、四足歩行ギネス世界記録保持者のいとうけんいち、フットボーラーの香川真司の映像を随時公開する。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報